59667PSAwards
 SIEの日亜地域で開発されたタイトルで売上トップだったのはGT7だったそうです、他にタイトルがあったかは良く覚えていませんが。

スポンサーリンク


[PS.Blog: 「PlayStation® Partner Awards 2022 Japan Asia」受賞タイトル発表!]

 受賞タイトルを簡単に纏めると以下の通り。
 タイトルの並び順はバイオ村より鬼滅の方が上とは考えられないので別に売上順とかではないと思いますが、では何が基準かというとよく分かりません。

■グランドアワード
 日亜地域で開発されたソフトウェアメーカー(サード)タイトルで、2021/10-2022/9の全世界売上上位2作品に贈呈。

・原神
・ELDEN RING

 ここではフロム・ソフトウェアの社長かつ本作のディレクターを務めた宮崎氏のメッセージを。

株式会社フロム・ソフトウェア
ディレクター
宮崎英高 氏

このたびは、GRAND AWARD、USERS’ CHOICE AWARDという、素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。特に、USERS’ CHOICE AWARDは、ユーザーの皆様に投票していただいた結果ということで、われわれにとって、これ以上に嬉しいことはありません。これからも、もっと面白いゲームを作っていくつもりですので、ぜひご期待いただければ嬉しいです。本日は本当にありがとうございました。


■パートナーアワード
 日亜地域の(中略)全世界売上上位かつ“注目すべき活動成果を残した”作品に贈呈。

・鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚
・遊戯王 マスターデュエル
・ファイナルファンタジーXIV
・機動戦士ガンダム バトルオペレーション2
・バイオハザード ヴィレッジ

 FFXIVは2年連続、バトオペ2は3年連続での受賞。

 「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」はこれらのタイトルに並んでいる辺りからして、全世界累計販売本数の大部分がPSプラットフォームの物みたいですね。
 そりゃXboxやPCに国産アニメ原作ゲームを買おうというユーザーは少ないでしょうし、後発の任ッチ版とかで対戦ゲームを買うとか罰ゲームみたいな物ですけど。

 ソニーグループ繋がりのアニプレックスはサード扱いで良いのか…?という気もしますけど、任ッチ独占で展開したりとSIEから見たらサード的な物ではあるのでしょうね。


■スペシャルアワード
 日亜地域以外で開発され、上記期間に日亜地域売上最上位作品に贈呈。

・エーペックスレジェンズ

 SIEWWSと共同開発されたタイトルで全世界売上最上位作品に贈呈。

・グランツーリスモ7

 これもポリフォニー・デジタル自体がSIEWWS(PS Studios)の一部ではないかという気はしますけど。


■ユーザーズチョイスアワード
 日亜地域における総ゲームプレイ時間上位30タイトルの内、同地域のユーザー投票で選ばれた上位5作品に贈呈。

・ELDEN RING
・地球防衛軍6
・Stray
・Stranger of Paradise: Final Fantasy Origin
・Ghostwire: Tokyo

 この賞は日亜地域開発限定という訳ではないのですが、Strayがこのジャンル中唯一の欧州開発タイトルという事で、やはり日亜地域で開発されたタイトルが支持される傾向というのはありそうです。

 また「地球防衛軍6」は国内のみでの展開にもかかわらず日亜地域でのプレイ時間上位に入りかつ票も集めたという事で、ニシくんがゲハで見ている“PSプラットフォームは日本で凋落した”とかいう任識が如何に浮世離れした妄想であるかもよく分かりますね。

 受賞作品のラッシュ映像も公開されています。



 国産タイトルが今以上に世界で売れるようになると良いですね。
 というとニシくん辺りがソースはファミ通ランキングで国内デーとか言い出す訳ですが、別に国内市場も縮小していないどころか大きくなってますし。

バイオハザード RE:4 【数量限定特典】・アタッシェケース 「ゴールド」・チャーム 「ハンドガンの弾」プロダクトコード(有効期限:2025年3月24日(月)まで) 同梱 【CEROレーティング「Z」】
・PS5 3/24 バイオハザード RE:4 【数量限定特典】・アタッシェケース 「ゴールド」・チャーム 「ハンドガンの弾」プロダクトコード(有効期限:2025年3月24日(月)まで) 同梱 【CEROレーティング「Z」】
(Amazon)
 .