58961Nintendone
 他社というか主にSIEとの比較はまた後にするとして、とりあえず簡単に。

スポンサーリンク


[任天堂: 2023年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 決算説明資料(ノート付)](pdf)

 売上高は前年同期比4.7%減の3074.6億円、営業利益は15.1%減の1016.47億円、経常利益は29.6%増の1667.23億円、純利益は28.3%増の1189.84億円と減収減益に。

(1)連結経営成績に関する説明
 当第1四半期(2022年4月~6月)のNintendo Switchビジネスは、4月に発売した『Nintendo Switch Sports』が484万本の販売を記録したほか、6月に発売した『マリオストライカーズバトルリーグ』が191万本の販売となり、順調な滑り出しとなりました。また、『星のカービィディスカバリー』が188万本(累計販売本数453万本)と好調に推移するとともに、『マリオカート8 デラックス』が148万本(累計販売本数4,682万本)を記録するなど、前期以前に発売したタイトルも安定した販売状況が続いており、当期のミリオンセラータイトルは4タイトルとなりました。これらの結果、ハードウェアの販売台数は343万台、ソフトウェアの販売本数は4,141万本となりましたが、半導体部品等の供給不足による影響もあり、前年同期比ではハードウェアは22.9%減、ソフトウェアは8.6%減となりました。
 ゲーム専用機におけるデジタルビジネスでは、Nintendo Switchのパッケージ併売ダウンロードソフトが好調に推移したほか、Nintendo Switch Onlineによる売上も増加しました。さらに、自社タイトルだけではなくソフトメーカー様のタイトルの追加コンテンツが販売を伸ばしたことなどにより、デジタル売上高は880億円(前年同期比16.0%増)となりました。
 モバイル・IP関連収入等については、ロイヤリティ収入は安定的に推移しましたが、スマートデバイス向け課金収入が減少したことで、売上高は109億円(前年同期比16.8%減)となりました。
 これらの状況により、売上高は3,074億円(うち、海外売上高2,455億円、海外売上高比率79.9%)、営業利益は1,016億円となりました。また、為替相場が円安に推移したことにより為替差益が517億円発生し、その結果、経常利益は1,667億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,189億円となりました。

 …と説明されており、為替差益がなければ▲▲▲▲だったわけですね。

 ちなみにハードの販売台数減が半導体不足デーとか言ってますけど、昨期末時点(1四半期前)に2041.83億円だった棚卸資産が第1四半期終了時点では2562.41億円になっているという。
 これは前提となる為替レートが一割ちょっとも変動した以上の増加で、幾ら“半導体不足は解消されつつあるが物流の混乱が~”と言っても増えすぎじゃないですかね。

58961Nintendone1
 ゲーム専用機売上高もモバイル(スマ)・IP関連収入等も前年同期比で減少。
 為替差益が営業外収益として計上されていますけど、海外売上高にも円安の好影響があるはずなので実際の落ち込み幅は更に大きそうですね。
 日本国内に限定して見ると前年同期のゲーム専用機売上高が663.37億円だったのに対して今回は572.88億円と13.6%も下落していますし。

58961Nintendone2
 販売(出荷)台数、本数についてはタイトルでも触れた通り前期比で大きく下落しています。

58961Nintendone3
 実際、売上高段階での為替影響額は265億円のプラスとされており、それを差っ引くと売上高は前期比12.9%の減となりますし。

58961Nintendone4
 OLEニシの登場で…旧重ニシはそれ以上に販売台数を減らしていますし、軽ニシも半分近くまで減少。
 ミリオンセラータイトルは自社のみ4本。

58961Nintendone5
 デジタル売上高は前期より伸長しデジタル売上高比率も半分を超えたとは言うんですけどね。

※ デジタル売上高の計上は原則として、自社ソフトウェアはグロスで計上(総額表示)し、他社ソフトウェアはネットで売上計上(純額表示)しています。他社ソフトウェアはソフトメーカー様等との契約に基づき当社が受け取る販売手数料を売上として認識し、計上しています。

 何しろこれがあるので、

58961Nintendone6
 自社ソフト売上高比率が前年同期の72.3%から76.3%に増加した影響もありそうだと思ってしまうんですよね。

58961Nintendone7
 デジタル売上高が880億円でデジタル売上高比率が53%なのでソフト売上高は1660.4億円。
 なので任天堂ソフトの売上高は1266.9億円。
 ニシラインとDL専売ソフト、追加コンテンツの売上高が421億円なので…
 これ殆どサードの生存空間残ってないんじゃありませんかね、単純に上の金額を差っ引くと任天堂比率が100%を超えちゃいますけど、DL専売カービィやらあどぶつの森追加コンテンツが堅調な販売とか言ってましたし。

58961Nintendone8
58961Nintendone9
 そしてニシくんが盤石のラインアップとか寝言を言っていたような気がする今後発売予定ソフトがこちら。
 もう選ぶ余裕なくて片っ端からリストにぶち込んでるようにしか見えないんですけど。

 といった所ですね。
 減収減益は織り込み済みだった範囲だと思いますけど、ソニーG&NSの減収ガーと大喜びで叩いていたニシくんのSwitchは良く入りそうです。

ソウルハッカーズ2【早期購入特典】『ペルソナ5』衣装&BGMセット2 同梱
・PS5 8/25 ソウルハッカーズ2【早期購入特典】『ペルソナ5』衣装&BGMセット2 同梱
(Amazon)
 .