58748Dondondo
 そもそもアレでMHW続編っていうかMH6に相当するタイトルが開発されてるのは知ってるんですけど。

スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.58770■■

 ちなみにゲハ豆知識ですが、モンハンシリーズにおいてMH3のWii移行以降の失われた10年、その最後の方でニシくんは“PSプラットフォームにモンハンが出る事は有り得ない”ってずっと言っていたんですよね。

 具体的にはMHWが発表されたE3 2017の頃にはこんなんなってた。

[当ブログ: [Twiカン]コケスレくまシリーズ、ニシくんがハードル上げのつもりでMHワールドPS4と騒いでいたのは見ないでソニーガー / [スレカン]SIEのカンファ前にハードル上げのつもりか“PS4にモンハンがくるー”と騒いでいたニシくん、発表後“こんなモンハンでゴキちゃんガー” / [スレカン]ニシくん、MHW発表少し前に“ゴキのモンハンクレクレまとめ”なる書き込みをしていた。返信では“長く残していこ(使命感”というニシくんも]

 何というか…自分で言うのもあれですが、しょうもない物が蓄積されていく一方ですね。

 あと半ライスの方がMHWより儲かってるに決まってるんだガーとか論拠ガバガバな主張をしているんですけど、

[カプコン: 2022年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)](pdf)

 カプコンの業績は過去最高を連続で更新し続けているので、MHWが発売された2018年3月期よりも昨期の方が儲かっていることは間違いない。
 それは間違いないんですけど、その内実はどうかといえば

① デジタルコンテンツ事業
 当事業におきましては、シリーズ最新作『バイオハザードヴィレッジ』(プレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One、パソコン用)が全世界で610万本を販売したほか、「モンスターハンター」シリーズのRPG作品『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』(Nintendo Switch、パソコン用)も150万本を突破するなど順調に推移しました。また、前期に発売した『モンスターハンターライズ』(Nintendo Switch用)は、今年1月にパソコン向けに発売し、さらなるユーザー層の拡大に弾みをつけました。加えて、2019年発売の『モンスターハンターワールド:アイスボーン』や2017年発売の『バイオハザード7 レジデントイービル』など、シリーズの過去タイトルが安定した人気に支えられ販売本数が伸長し、業績に貢献しました。
 これにより、年間販売本数は前期の3,010万本を上回る3,260万本となり、特に採算性の高いデジタル販売が続伸したことにより、収益を押し上げました。
 モバイルコンテンツにおいては、既存タイトルの運営に注力したほか、協業タイトルも安定的に推移しました。加えて、中国において昨年6月に配信を開始した『Devil May Cry: Peak of Combat』は、ライセンス収益が利益に貢献しました。
 この結果、売上高は875億34百万円(前期比16.2%増)、営業利益は453億59百万円(前期比22.6%増)となりました。

 貢献したタイトルの筆頭はPSプラットフォームを中心に展開しているバイオハザード最新作のバイオ村で、スートリーズは発売後間を置いたらさっぱり延びなくなり、半ライスもPC版が出ました。で終わり。

 かつデジタルシフトが進んだ後の傾向としてゲームパブリッシャの業績で重視される旧作の販売で貢献しているのが任ッチと関係のないバイオVIIとMHWIなんですよね。

 そんなニシくんがMHW2が出る事は有り得ないんだガーとか頑張っていたのですが。

 “この長文…これがニシくんの本気”
何度言ったら分かるのか?モンハンワールド2なんてソフトが出る事は永遠にありません!
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1656924168/

それにPSメインでモンハンが作られる事も二度とありません!
今後はSwitchとPCのマルチだけでしょう。可能性があるとしたら箱もマルチに入るぐらい
そもそもワールドよりライズの方が儲かってます

①売上本数→モンハンワールド:1800万本、モンハンライズ:900万本
 https://www.capcom.co.jp/ir/business/million.html

②ワールドは中古99円等ライズの半額より遥かに安い捨て値で投げ売られていた。ライズはずっと高値維持
 http://shukaki
 dscard.blog.fc2.com/blog-entry-3025.html

③海外ではプライス・プロテクション制度で小売りの値引き分の額はソフトメーカーが支払う
 ゆえに単純計算でもワールドよりライズの方が売上額が遥かに大きい

④クソグラのライズより極上グラのワールドの方が遥かに開発費は高いのにライズの方が儲かっている
 カプコンがPSを魅力的と思うはずがない

⑤PSで今後もモンハンが売れるとカプコンが考えているならライズやサンブレイクをPSにも出したはずである
 PCでポンと気軽に出したのだからPSに出すのも容易だったはず。つまり大した事のない移植コストすら払いたくないのである

⑥PS5の異常なタイレシオの低さと箱にたびたび負けるハード販売台数でサードが続々と脱PしてSwitchにソフトを出し始めている
 https://esportscatch.com/matome/490687/

⑦カプコン社長が「今後はPCゲーム主体でゲームを展開する」と言った
 今まではPS主体だったわけで、どう考えてもこれは「PSやSwitchを捨ててPCだけに傾倒する」という事ではなく「PSのみを捨ててPCとSwitchを主体にする」という意思である
 ①から⑥を鑑みれば当然である

 “目が滑って読めない”
 “わざわざニシガイの自己紹介なんて貼らなくて良いよ”
 “これを中学生じゃなくて40のおっさんが書いてたりするんですよね”
 “ニシくんの俺は正義で動いてるんだ感マジで気持ち悪い”
 “基本ニシくんは願望と妄想でしか語れないアホやからね、サード新作がスイッチングハブしてる現実を受け止められないアホ”
 “読んでないけどニシくんの願望が詰まってるんだろうな”
 “つかMHW2作ってるってバレてなかったっけ?”
 “ニシくんは恩義とか言うけどサードから恩義感じて貰えない時点で任天堂終わってるよね”
 “結局全部主観による願望で草”

 ニシくんはこういう風に決算ガン無視で“PS5は異常にタイレシオが低い”とかいう“現実”をゲハで統合絶好調…夢を見ているんですけど、何が根拠なのかって言ったらそりゃ勿論フィジカル版のみ集計している上に協力店のネットワークがガッタガタになっているファミ通ランキングなんですよね。

 それでいて“ファミ通ランキングにおけるソフト販売本数0本、必然的に「タイレシオも0」”という事になる筈のXboxを持ち上げているんだからまあ任天堂信者は頭がおかしい、となる訳です。

 カプコンの動きは出所は問わずに金次第という部分はあるんですけど、MH3が出る前ならいざ知らずバイオシリーズも任独占にしておけなかった辺りからして、今後のMHシリーズが再び任ハード独占になるというのは考えにくいでしょう。

地球防衛軍6【早期購入特典】兵士募集用デコイ リクルーター 3種『リクルーター 白上フブキ』『リクルーター 百鬼あやめ』『リクルーター 大神ミオ』がもらえるプロダクトコード(封入)
・PS5 8/25 地球防衛軍6【早期購入特典】兵士募集用デコイ リクルーター 3種『リクルーター 白上フブキ』『リクルーター 百鬼あやめ』『リクルーター 大神ミオ』がもらえるプロダクトコード(封入)
(Amazon)
 .