58335Nintcher
 なお理由としては半導体不足やサプライチェーンガーってなってますが、現実(現実)にてダダ余りなんですよね。
 任天堂の昨期決算が出るのは5/10でソニーグループと同日の予定ですが、このところ直接もせずに任天堂ソフトの発売日を発表していたのはこの辺のネガティブな情報を打ち消す為ですかね。

スポンサーリンク


[日経: 任天堂「スイッチ」販売1割減 - 今年度、半導体不足響く]

 ロックされている記事なので大雑把な概要ですが、今期(2023年3月期)の任天堂のNintendo Switch販売(出荷)見通しが前期比で一割減となる2000万台程度になる事が分かった、その理由としては“需要は底堅いが、半導体不足やサプライチェーンの混乱により”減少する見通しと発表する予定と伝えられており、中国におけるSARS-CoV-2感染症対策のロックダウンやロシアのウクライナ侵略による混乱が長引けば更に減少する可能性もある、としています。

 決算説明会資料でも先に読んだかのような記事ですが、日経の任天堂内部情報は大体合ってるので実際に読んだか、読んだ人に聞いての記事なのでしょうね。

 ここから分かることは、まず昨期(2022年3月期)における任ッチの販売(出荷)台数は2200万台程度だったという事ですか。
 ちなみに任天堂の昨期初時点における任ッチの販売(出荷)計画は2550万台で、一度下方修正した後でも2300万台でした。

[任天堂: 2021年3月期決算短信 / 2022年3月期第3四半期決算短信](pdf)

 冗談抜きで本体だだ余りだったのに、1四半期前の予想すら達成できなかったんですか。

 記事では

需要は底堅いが、半導体不足や物流網の混乱の影響で部材の調達が遅れており、十分に生産できないためだ。

 としているんですけど、純粋に需要が減ってますよね?

 こうなってくると今期の予想を更に下回る可能性もあるという予防線、

都市封鎖(ロックダウン)などが長引き生産や配送に響けば、22年度のスイッチの販売台数は2000万台前後を下回る可能性もある。

 についても実際には別に不足になるとか関係無しに売れなくなる可能性が高いと見ていることの裏返しなのでしょう。

 世界情勢の混乱によるエネルギー供給の不安定化と光熱費の高騰は携帯機にとっては需要増加に繋がる可能性もあるんですけど、何しろその辺のスマより低性能ですからね任ッチ。

 むしろ半導体不足などでPS5が十分に供給できていないだけまだマシな方、という可能性もありそうです。

 返す返すもPS5発売の2-3年前にPSVita後継機となるPS携帯機第3世代モデル略してPSP3(仮)が出せていたら良かったのですが。
 その辺りだと性能的に中途半端になっていたかもしれないのはあるので、これから出してくれれば良いのかもしれませんけど。

ソウルハッカーズ2【早期購入特典】『ペルソナ5』衣装&BGMセット2 同梱
・PS5 8/25 ソウルハッカーズ2【早期購入特典】『ペルソナ5』衣装&BGMセット2 同梱
(Amazon)
 .