58222SGGG
 他にはUE5で開発を進めているといった話も。

スポンサーリンク


[セガ - recruit: Episode - ゲームができるまで - 『SuperGame』インタビュー]

 社内インタビューに答えているのはこちらの三人で、

取締役副社長 内海州史 Shuji.Utsumi

様々なエンターテイメント業界を経て、
2019年にセガサミーホールディングス入社。
2021年4月より現職

プロデューサー 菊池正義 Masayoshi.Kikuchi

1995年4月入社
第4事業部 クリエイティブディレクター
『リボルバーズエイト』プロデューサー他多数

ゼネラルマネージャー 久井克也 Katsuya.Hisai

2008年4月入社
第4事業部 第4開発1部 部長
『サカつくROAD TO WORLD』『Dx 2 真・女神転生 リベレーション』等複数スマートフォンタイトル管掌

 セガの第4事業部が「SuperGame」を手がけている…みたいなんですけどこの時点で出てくる実績タイトル名がスマっていうところがちょっとあれですが、菊池氏は「龍が如く」のプロデューサーや「ジェットセットラジオ」のディレクターを務めた事もあるので、スマって事はない…?

 ともあれ「SuperGame」についてですが、5カ年計画の構想は2019年スタートで、IPを強化すると共にマルチプラットフォームかつ世界同時発売をスタンダードにしていく方針を立て、その中での立ち位置として

内海:

セガが手がける、オンライン型で世界的な大ヒットを狙ったAAA(トリプルエー)ランクのタイトルの開発を、「SuperGame」と定義しました。

 だそうです。

 「SuperGame」とはいう物の単一のタイトルではなく、複数のタイトルをそう定義しているというのですが、その基準が

内海:

大きく次の4つの要件が基準になると考えています。①マルチプラットフォーム、②グローバル多言語展開、③世界同時発売、④AAAタイトル。つまり、世界的な大ヒットを狙ったゲーム開発の規模になると想像していただけると良いと思います。

 という事なので、既存のIPを活用したタイトルも「SuperGame」に該当するのかもしれない、と。

 マルチプラットフォームという話についてですが、それに関しては

菊池:

大きな特色は、過去にコンシューマー、アーケード、モバイルの各分野で活躍してきたメンバーを集めたハイブリッドチームである点ですね。

 (中略)

 (プロジェクトに携わる事で得られる経験としては)コンシューマー、アーケード、モバイルの特性を取り入れたゲーム開発が経験できるという点ですね。

久井:

開発は基本的に「Unreal Engine5(アンリアルエンジン)」で行っています。

 この前も何か真のRPGがどうのと言っておいて「スマートフォンで」とかかましてましたが、流石にこの条件で変な事はしないですかね。

ソウルハッカーズ2【早期購入特典】『ペルソナ5』衣装&BGMセット2 同梱
・PS5 8/25 ソウルハッカーズ2【早期購入特典】『ペルソナ5』衣装&BGMセット2 同梱
(Amazon)
 .