58113Caver
 大分焼きが回ってますね…

スポンサーリンク


[ケイブ - IR情報]

[xj-storage: スマートフォンゲーム製作委員会への出資に関するお知らせ / 持分法適用関連会社であるスマートフォンゲーム製作委員会の解散に関するお知らせ](pdf)

 2020/3/30付のリリースで製作委員会への出資を発表していたのですが…その際はこのように目的を説明していました。

 当社は現在、当社取締役の岡本吉起がプロデューサーを務める新作スマートフォンゲームの制作を当社単独で進めておりましたが、昨今はスマートフォン端末の高機能化や、日々多くのゲームがリリースされることによる競争激化から、スマートフォンゲームをリリースし、収益化するためには、高度な企画内容や品質に加え戦略的なプロモーションが必要となります。
 そのため、当該スマートフォンゲームの開発を進め、リリースを目指すに当たって、当社だけではなく有力な企業と共同でゲームの制作、運営、プロモーション、収益管理等を行うことで、よりリリース後の成功確率を高め、収益を極大化させることを目的として、当該スマートフォンゲームの製作委員会を組織することとなりました。
 本製作委員会には当社を含めて3社が出資します。当該スマートフォンゲームのプロデューサーは引き続き当社取締役の岡本吉起が担当し、当社はパブリッシャーとなってゲームを運営いたします。

 このように発表し、幹事会社はケイブで他にテレビ朝日とでらゲーが出資者に名を並べ、各社が33.3%ずつ出資。

 していたのですが、それから2年近くが経った昨日の事。

 当社は、2022年3月18日開催の取締役会において、当該持分法適用関連会社であるスマートフォンゲーム製作委員会(以下、「本製作委員会」という。)を2022年3月18日付で解散することについて決議しましたので、お知らせいたします。



1.解散の理由
 当社は、2020年3月30日、新作スマートフォンゲーム(以下、「本ゲーム」という。)の制作に関しまして、その開発を進め、リリースを目指すにあたり、当社だけではなく有力な企業と共同でゲームの制作、運営、プロモーション、収益管理等を行うことで、よりリリース後の成功確率を高め、収益を極大化させることを目的として、本製作委員会を組織いたしました。その後、開発を順調に進めておりましたが、開発期間の長期化による顧客ニーズの変遷や事業環境の変化、競合他社の動向等により、現在開発を進めている本ゲームが当初想定しておりました市場環境において将来の収益獲得を期待できるクオリティを確保することが困難であるという結論に達しました。この状況を受け、当社の取締役である岡本吉起のリソースを、将来の収益獲得を期待できるクオリティをもった新作スマートフォンゲームの開発に充当するため、本ゲームの開発の中止を決定いたしました。この決定に伴い、本製作委員会の目的を達成することが困難となりましたため本製作委員会の解散を決議するに至りました。
 なお、現時点までに発生した開発費は、開発委託先が全額負担することになりましたため、投資額の全額が回収される見込みです。また回収が予定されている投資額の使途につきましては、当該新規スマートフォンゲームの開発への投資を検討しております。

 と発表されたのでした。

 “本ゲーム”は開発が中止されるものの、“将来の収益獲得を期待できるクオリティをもった新作スマートフォンゲーム”は作ってるのかこれから作るつもりなのか…

 ゲームリパブリック岡本氏はモンストを当てたのは大した物ですが、それもかなり前の話で今ではYouTubeで根拠もあやふやな話をしてはニシくんがゲハにスレを立てる芸人と化していますし本当に一発逆転と行くんですかね。

 意外とゲーム会社って潰れない物なんだなという感想はあります。
 何がどうなって開発委託先が開発費を全額負担することになったのかはよく分かりませんけど、次の外注先見つかるんですかね。

Ghostwire:Tokyo(ゴーストワイヤー トウキョウ)[初回限定特典付]
・PS5 3/25 Ghostwire:Tokyo(ゴーストワイヤー トウキョウ)[初回限定特典付]
(Amazon)
 .