58072NPD
 ゲームハードの売り上げに関してはPS5の供給が滞った事が大きかったようです。

スポンサーリンク




 2022年2月のゲーム関連売上高は前年同月比6%減の43.84億ドルに。
 ゲームコンテンツの売上高が4%減の39.08億ドルなのに対して、ゲームハードの売上高は27%減の2.95億ドルと大幅減少。
 周辺機器の売上高は7%減の1.8億ドルとなっています。


 ハードの売上高は年末商戦期から大幅に落ち込んだ先月でも3.9億ドルだったので下落幅が大きいですね。

 その中で販売台数、売上高共に首位に立ったのは任ッチシリーズ。
 …半導体不足でどうのこうのって設定あれどうなったんですかね。

 次いでXSX|Sが珍しく2位にランクインしています。
 普段は言及される事すらないのに珍しい話もあったものですね。

 となると現行ハードでは当然ながらPS5が最下位となる訳ですが、これは供給の問題があるためで年初来の売上高では引き続きPS5がトップに立っているそうです。


 ソフトでは「ELDEN RING」が2月及び年初来の首位に立つ好調なスタートを切ったそうです。
 また、ここ12ヶ月間の初月売上高においてもCODVGに次ぐ2位に付けているとのこと。

 2位には「Horizon Forbidden West」がランクイン。
 PS5タイトルの初動記録を塗り替え、PSプラットフォームにおける首位も取ったそうです。

 PC向けの「Total War: Warhammer III」は初登場で5位にランクイン、PCプラットフォームで2位に入ったそうです。
 ゲーパス落ちをかましたタイトルですが、PCでゲームパスに入ってる人は大していないという事か。

58072NPD1
 全機種でのTop20は以上の通り。
 「Dying Light 2」が4位に入っていますが、米国においてもデジタル売上高が計上されていないようなので含めたら3位ぐらいには入っていたかもしれませんね。

58072NPD2
 PSプラットフォームのTop10は上述の通り「Horizon Forbidden West」が首位に。

58072NPD3
 任プラTop10は…任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり。

58072NPD4
 Xboxプラットフォームはというと、PSプラからSIEタイトルを抜いたようなランキングなのは相変わらずですね。
 「Dying Light 2」はPSプラットフォームでより(普及台数差よりも)売れていそうですがその原因はよく分かりません。
 欧州開発でスクエニ販売だからとかその辺の理由があるんですかね、あとはゲーパス入りしてないのに売れないゲーパスの毒もあるかもしれませんが。


 周辺機器はゲーム機販売の減少もあってか低調ですが、首位はXbox Elite Series2コンが取ったそうです。
 売上高で見ているので単価が高いコントローラの方が有利…?
 国内だとAmazonがXSSとセットで売るとかいう極悪な抱き合わせ商法を見せていますが、米国でもそういう事をしているのでしょうか。

STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN (ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン)
・PS5 3/18 STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN (ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン)
(Amazon)
 .