57950Ubisofton
 今期はRainbow Six Extractionが年明けにずれ込んだ挙げ句、初日ゲーパス堕ちという醜態を晒したこともあり通期業績もあまり期待できなさそうですね。

スポンサーリンク


[Ubisoft - Investors]

[akamaized: UBISOFT REPORTS THIRD-QUARTER 2021-22 SALES](pdf)

 Ubisoftの2022年3月期第3四半期決算、売上高は前年同期比17.7%減の14.172億ユーロ。
 デジタルネットブッキングの比率は74.3%と、前年同期よりも高めになっています。
 また、旧作比率は64%と前年同期の57.8%から大きく増加。

 と大きく減収した訳ですが、旧作に関しては「Assassin's Creed Valhalla」が「~Odyssey」比で八割増の発売以来売上高推移になっているとか。

57950Ubisofton1
 第3四半期単独の売上高は前年同期比31%減の6.659億ユーロ。

 ただ、通期業績予想によると営業利益は4.2-5億ユーロを予想しているとのことで、新作の発売が少なかった分営業利益率はそこそこですね、第4四半期の売上高にもよりますが、営業利益率は25-30%程度の予想という事になるのでしょうか。

57950Ubisofton2
 欧州/北米/その他の各地域売上高比率は第3四半期単独だと前年同期と全く変わらず。

57950Ubisofton3
 プラットフォーム別売上高では第3四半期単独だとPSプラットフォームとXboxプラットフォームが何れも7%ずつ減少し、その分PCが8%増、任ッチが1%増…ただしこれは9ヶ月推移が変わらないので、Just Danceで任天堂様との円がある分ですかね。
 あとスマその他がちまちま増えています。

 PSプラとXboxプラが共に7%減少ってこれ、要するに比率としてはより一層PSプラットフォームに傾いてるんですよね。
 ほぼPSプラットフォームが2に対してXboxプラットフォームが1という比率で…Xboxの割には頑張っているとも言えますけど、地域別売上高比率でほぼ半分が北米という割には悲惨な事になっています。

 海外だとXboxが勝ってるとかニシくんがゲハで現実を統合していましたけど、単なる幻想というか妄想に過ぎない事が改めて証明されましたね。
 Ubisoftがあれだけマイクロソフ度してもこの比率なんだから。

 ただ、内部がガタガタになっているのは海外大手に共通しているのか、以前は撥ね除けた買収についても提案があれば検討すると言い出したとか。
 既に開発者が逃げ出しているという話が本当なら、MSが買った日にはそれこそ総崩れになりそうですけど。

Life is Strange: True Colors(ライフ イズ ストレンジ トゥルー カラーズ)
・PS5 2/25 Life is Strange: True Colors(ライフ イズ ストレンジ トゥルー カラーズ)
(Amazon)
 .