57920NPD
 ポケモン新作出してハードは最下位。
 一応そのポケモンがソフト首位ではあるんですけど、本格的に下り坂ですね。

スポンサーリンク




 2022年1月の米国ビデオゲーム市場は全体の売上高が46.84億ドルで前年同月比2%減。
 これはゲームコンテンツ売上高が前年同月比4%減の41.09億ドルとなったことが主たる要因で、ハード売上高は3.9億ドルと前年同月比で22%増となっています。


 ゲームハードの売上高3.9億ドルというのは前月の1/3未満と大きく落ち込んでいるのですが、昨年はもっと少なかったという事ですね。
 これはPS5の出荷台数にムラがあるからというのもあるのでしょうが。

 さておき、1月としては比較的継続的にPS5の再入荷があったようで1月はPS5が販売台数、売上高共に首位に立ったそうです。
 そして普段は言及される事すらないXSX|Sが2位に入ったそうで、これも販売台数、売上高共に2位。
 当然ながら任ッチはその両方で最下位という訳で…任天堂が幾らボッタクっているにしても所詮は前前前世代機(PS5比)、平均売上高はPS5より低くなりますし、売上高ではPS5と任ッチで倍以上の差が付いていそうですね。


 ソフトでは「ポケモンレジェンズアルセウス」が首位に。

 その他「モンスターハンターライズ」は前月94位と悲惨な位置づけだった物が3位まで上がってきたそうです。
 「God of War(2018)」は前月146位から5位まで上昇。
 これらは当然ながらPC版発売によるものと説明されている訳ですが、Steamの集計ってどうなっているのでしょうね。
 ひょっとして設定上米国から買われた物は全部NPDに入ってる?
 まあそりゃそうか…中の国に流れていく任ハードと任ソフトも国内集計の販売台数、本数に入っていますし。


57920NPD1
 全体のTop20は以上のようになっており、新発売のタイトルは他に「Tom Clancy's Rainbow Six: Extraction」のみ。
 Xbox Game Passの毒が回っちゃいましたね…ましてや発売日ゲーパス堕ちともなると公式ネガキャンしているような物ですし。

 SIEタイトルは先述のGOW(2018)とSpidy MMが5-6位に入っているのに対してMSはフォライゾン5とHalo: Infiniteが17-18位に。
 ソフト売上でも急減速ですねHalo。


57920NPD2
 PSプラットフォームのTop10はこのようになっており、R6Exは5位にランクイン。
 NBA 2K22は9位となっていますが、どういうわけかTake2ってNPDにはデジタル売上高を開示していないんですよね。
 EMEAA地域の集計をしているGSD向けには開示しているのですが。


57920NPD3
 任天堂プラットフォームのTop10はこのように…任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり。
 サードで唯一ランクインしている「Just Dance 2022」もデジタル込みでようやく7位ですし、全体では3位だった筈のモン半ライスなんて影も形も無い始末。
 こんな所に主力タイトルを出したらサードは死んじゃいますよね。


57920NPD4
 XboxプラットフォームのTop10はこんな感じで、SIEソフトを抜いてMSソフトを入れたようなランキングなのですがR6Eは7位。
 骨の髄までXbox Game Passの即効性の毒に侵されているようです。


 周辺機器の売上高は前年同月比15%減となる1.85億ドルで、Xbox Elite Series2コンが再び売上高で首位に立ったとのこと。
 日本のAmazonでXSSと抱き合わせ販売をしているところを見かけましたが、XSSの価格の半分ぐらいに達してませんかねアレ。


 という事で、引き続きPS5の販売は順調ですね、不安要素と言えば勿論サプライチェーンの混乱…に加えて世界を巻き込む紛争が起こるかもしれないという情勢でしょうけど。
 さすがに今すぐロシアが日本に攻めてきてニシくんがシベリア送りになるとは思いませんけど、あまり騒ぎが大きくなるとゲーム機作ってる場合じゃ無いとなりかねないので勘弁して欲しいところですね。

Horizon Forbidden West【早期購入特典】ノラ族伝承の槍 /ノラ族伝承の防具(封入)
・PS5 2/18 Horizon Forbidden West【早期購入特典】ノラ族伝承の槍 /ノラ族伝承の防具(封入)
(Amazon)
 .