57758FTU
 任ッチに足を引っ張られ放題のあんなんでも結構差が付く物ですね、むしろ任ッチ版が限度を超えて低クオリティだったか。

スポンサーリンク


[ファミ通 - ゲームソフト販売本数ランキング]

 パーマリンクでは無いこちらの記事ですが、先述の通り2週分(12/20-26,12/27-1/2)が纏めて更新されています。
 ただ、普段からそうなんですけど1/2までのランキングを“今週”とか表示されると違和感が凄いですね、10日前ですし。

 それはさておきまず12/20-26のクリスマス商戦週について。

 新作でトップとなったのは12位にランクインした「真・三國無双8 Empires」で1.8万本を販売。
 次いで14位に同ソフトの任ッチ版が1.6万本でランクイン。
 少し離れて29位に同ソフトのPS5版が0.8万本でランクイン。
 消化率は…PS4版に比べると任ッチ版が悪いですね、PS4版と同じくらい売れるだろうと皮算用してしまったのでしょうか。

 ゲハだとサードのソフトも売れるという設定になっている任ッチですけど、

・アイキス
・うたの☆プリンスさまっ♪ All Star
・乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… ~波乱を呼ぶ海賊~
・コットン ロックンロール
・さくらの雲*スカアレットの恋
・鉄道にっぽん!路線たび 三岐鉄道編

 当該週に発売されたこれらのタイトルは30位にも入れず行方知れずと相成りました。
 任天堂らしいですね。


 次いで年末年始週、12/27-1/2はというと「真・三國無双8 Empires」は全機種ランク外に消えてしまう。
 そしてどうなったかといえば当然任天堂ソフトばかりとなる訳ですよ。

 Top30の上位殆ど、かつTop30の2/3程度が任天堂+ポケモンで占められており、残るタイトルも全部任天堂様とのご円があるタイトルしか無いという事実。

 マルチタイトルという点ではFortniteがありますけど、こちらもAppleとの法廷闘争の際に明らかになってしまったプラットフォーム別売上高比率からすると任ッチ版がランクインし続けるのには岩感しかないですね。


 ちなみに全体の販売本数ですが、前年同週のクリスマス商戦週が首位26.9万本、15位で2万本、30位で0.9万本だったのに対して今回は首位が15万本、15位が1.2万本、30位が0.7万本…
 年末年始週は前年同週が首位19万本、15位が1.6万本、30位が0.7万本だったのに対して首位で9.7万本、15位で1.1万本、30位は0.5万本と大幅減少を来しています。

 どこぞのエース経済研究所が販売本数前年割れは有り得ないとか言っていた任ッチですが、どうなってしまうのでしょうか。

FORSPOKEN(フォースポークン)
・PS5 5/24 FORSPOKEN(フォースポークン)
(Amazon)
 .