57261NishiLine
 これが任天堂。

スポンサーリンク


【この差って】スーパーマリオメーカー2のDL版売上 任天堂→約22万本 ファミ通→約5万本【何ですか?】
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1564473876/

2019/07/30(火) 17:04:36.72

スーパーマリオメーカー2
https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2019/190730_2.pdf
>国内52万本
>(注)ハードウェアに同梱して販売している数量も含めています。ダウンロード版の数量も含めています。

>本作の販売実績は推定16.3万本(店頭消化率55%前後)

6/30まで
パッケージ出荷+ダウンロード版 52万本
パッケージ出荷 約30万本

ダウンロード版 約22万本


ファミ通
5/27~6/30
ダウンロード版 51,918本


【任天堂決算】『マリオメーカー2』、出荷52万本、パッケージ出荷約30万
http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1564474009/

2019/07/30(火) 17:06:49.15

>最大4人で対戦や協力プレイが楽しめる本作の販売実績は推定16.3万本(店頭消化率55%前後)

初動 163,155本
出荷 296,645本
差   223,355‬本


このスレは不都合だから落ちます


これでも少ないんじゃないかって思うから凄いよな


え?
初週
パッケージ19万本、
ダウンロード22万本??

そんなバカな


DL比率5割位か?チケットの効果凄過ぎて小売に見せちゃあかんデータや

 一応説明しておくと、これは当然ながら任天堂の販売(出荷)が先行しただけですね。
 当該四半期決算のソフト売上高に占めるデジタル比率は38.3%ですが、その内パケ併売DLソフトの売上高比率は56.4%、つまりパッケージ併売ソフトの売上高におけるダウンロード比率は高く見積もっても26%程度、かつ“自社ソフトの売上高はグロスで計上している”という任天堂の場合、本数比率はより低下するため実際のDL比率は二割を割り込むでしょう。

 …ということになると何でニシくんにとって不都合になるのかというと、エース証券の自称経済研究所を見れば分かる通り“ソニーは生産出荷の台数/本数を発表しているが任天堂は違う”というゲハにおける設定が優先されているからです。

 実情に見合っていないのに設定の方が大事というのも意味不明ですけど、まあ任天堂が発表している“販売本数”が任天堂から任天堂販売に“販売(出荷)”された分を含んでると思われる状況というのもちょっとアレですよね。

 こんな事を言っていたニシくんなのですが、本日のゲハ板で勢いトップレベルになっていたのがこのスレ。

識者「PS5版のテイルズは国内で初週25万本売れている。なぜならDL版はパケの4倍売れているから」
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1634093863/

なお識者の計算だとPS4版は75万本(パケ15万本、DL60万本)となりPS5版の25万本と合わせると国内PSだけで初週100万本達成している模様


KPD


なんだこのキチガイ算は

 ニシくん、自分の頭がおかしいって分かってたんですか。
 そりゃ凄いですね。
 任天堂Sugeeeee。

 ソニーのゲーム&ネットワークサービス分野においてこれまで一番DL比率が高かった四半期でも79%なので、大型タイトルが出るとDL比率がある程度下がる傾向を考えてみても新作ソフトのDL版がパッケージ版の4倍売れているというのは高く見積もりすぎですけど。
 デジタル込みだとソフトの販売本数で1億本超、売上高で1兆円超の差があることからも分かるように任天堂よりソニーのデジタル売上高が圧倒的に上な事は間違いないので、特に根拠も無しに“ソニーのDL版は実際には売れていないが任天堂のそれは凄く売れてるんだガー”とか言ってるニシくんが偉そうなことを言える筋合いではないのでした。

STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN (ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン)
・PS5 3/18 STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN (ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン)
(Amazon)
 .