56541NPD
 ハードでは任ッチが首位だったそうですが…

スポンサーリンク




 NPDのアナリスト、Mat Piscatella氏によると2021年5月の米市場は総売上高が前年同月比3%増の44.52億ドルで、ゲームコンテンツがその九割方を占める40.66億ドルでやはり3%増、ハードが5%増の2.44億ドル、周辺機器は-8%減の1.42億ドルとなったとの事。

 ハードに関してはNintendo Switchシリーズが最も売れたハードとなり、これは台数及び売上高の何れでもトップに立ったとの事。
 要するにPS5の出荷不足が続いているわけですが、日本のみならず米国などへ回す分も少なめだったんですかね、中国本土における販売開始が影響した部分もあるのでしょうか。


 ソフトに関しては「バイオハザード ヴィレッジ」が首位に。
 また同作は2021年初来のランキングでもCODBOCWに次ぐ2位となっているそうです。

 全プラットフォーム合算のTop21がこちら。
56541NPD1
 …特別に21位にランクインした「Days Gone」が記載されていますが、前月247位から21位へと大幅ランクアップ。
 といってもPC版を発売してギリギリ20位に入れない程度という事でもありますが。
 「Biomutatnt」はデジタル抜きだからというのもあるでしょうが16位でのスタートとなっています。

56541NPD2
 PSプラットフォームのTop11…何故に11?はバイオ村が首位なのは当然として、「Mass Effect」のリマスタ版が3位にランクイン。
 「Biomutant」はデジタル抜きですが8位にランクインしています。

56541NPD3
 任天堂プラットフォームのTop10はこのように、任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかりであるという事実を証明する物となっていますね。
 何なら6位まで下がって今月分のランキングにもランク外に消えそうなモンハンライズも欧米では任天堂販売ですからね、名目上はカプコンって事になっていますけど。

56541NPD4
 XboxプラットフォームのTop11…これも上のタイトルだと10となってるのに11本いますね、だとMSのソフトはフォライゾンがギリギリ10位に入っているぐらいで、PSプラットフォームの独占タイトルを抜いたようなランキングとなっています。
 なっているのですが、PSプラからSIEタイトルが2本抜けてるのに「Biomutant」の順位はPSプラより1位低い9位って。
 あれだけXSXでのエセ互換動作時に優位点がみたいに大騒ぎしたのに売れない。
 即効性のXbox Game Pass毒が大分回ってきてるんじゃないですかね。


 周辺機器に関しては…特に何が売れたみたいな情報が無いですけど。


 という事で、PS5に関しては後はハードの供給が増えればいう事無しなんでしょうね、増やしたいって位って急に増やせる物でもないから苦労がある訳ですが。

 本体の販売については一応いつものニシくんSwitch押しておきますか…前も見たって人は飛ばして下さい。
 この結果を見れば欧米に携帯ゲーム機市場が無いという認識は明白に誤りだったと言えるでしょう、何しろクソ性能クソデザインでおまけに欠陥まで持ってる任天堂様は濡れ手の粟というボッタクリハードの任ッチがこんなに売れちゃってるんだから。
 ランキングに入るのは任天堂ソフトばかりなのだから、任天堂ソフトの有無が~ってのも純任天堂ハードたるWiiUちゃんの末路で任天堂ソフトそのものには大して力がない事がバレちゃってますし。
 お陰でエース証券の自称経済研究所さんが、ゲーム機の売れ行きにソフトは関係ないとかよく分からん事を言い出す始末ですし。

 携帯ゲーム機市場を正常に回すためにもPSVita後継機となるPS携帯機第3世代モデル略してPSP3(仮)が必要とされているんですよね。
 ソフトはどうするんだという話になりがちですが、任ッチがあんなんでも売れちゃった以上は外注の新作及びその時々の携帯機で動く旧作を外注で移植してきてもそれなりにどうにかなるんじゃないかと思いますし。

ファークライ6 【初回生産限定特典】リベルタード パック プロダクトコード同梱
・PS5 10/7 ファークライ6 【初回生産限定特典】リベルタード パック プロダクトコード同梱
(Amazon)
 .