56493Headset
 ただし値段も前型より上がっているようです。

スポンサーリンク




 先に取り上げた記事で他のポータブルAV新製品も発表されないかなと書きましたが、発表されませんでしたね。



 「WF-1000XM4」は本体サイズを前型のXM3比で一割減少、充電機能を持つケースのサイズは前型よりも四割減と大幅な小型化を実現。
56493Headset1
56493Headset2
56493Headset3
 見た目が丸い感じになりましたが、張り出した部分を全体的に削り、概ね耳介の辺りに収まるデザインとするためみたいですね。

 新型のV1プロセッサを採用し前型よりもノイズキャンセリング機能を強化、“業界をリードする”としていますがノイズキャンセリングに関しては各社方向性が違う部分もあるためか、“最高の”とは謳っていないようです。
 ノイズキャンセリングについては引き続き内外にマイクを備えているほか、イヤーパッドをポリウレタン製の新型とする事で遮音性を向上させ、またスマアプリでの遮音性確認にも対応するとの事。

 イヤホン部分は引き続き直径6mmのダイナミック型ドライバを搭載していますが、二割磁力を強める事でより低音を強化、これは低周波騒音の低減にも役立つとの事。

 音質面ではドライバの改良以外に音声の伝送がハイレゾのLDACにも対応するようになった事がトピックですね。
 LDACは音質が良い分途切れやすいとの話もありますが、XM4での受信性がどの程度の物かは不明です。
 この他、内部的にハイレゾ相当にアップコンバートするDSEE Extremeにも対応。
 スマの空間オーディオ機能、360 Reality Audioに対応。

 また通話品質の向上もアピールしており、ビームフォーミングマイクの他に骨伝導センサも搭載、これを合わせる事でより高品質の通話が可能となった…とされているのですが、静かな場所での通話は良いにしても騒がしい場所では相手側が声を聞き取りにくいという話も出ていたとの事で、この辺はマイクの処理が改善されるのを待つ必要があるかもしれません。

 ペアリングはGoogle(Android)のFast Pair機能に対応、迅速なペアリングが可能との事。
 ですが、マルチポイントでのペアリングは引き続き非対応だそうです。
 この他Google AssistantやAmazon alexaといった音声アシスタント機能にも対応。

 その他本体がIPX4の防沫に対応、飛沫程度の水濡れであれば問題なく動作する他、本体はノイズキャンセリングを有効にして電池持ち時間が8時間、充電ケースで2回充電可能なので24時間の再生に対応、充電はQiによるワイヤレス充電に対応と。

 また本体とケースだけでなく包装も環境を考慮した物となり、プラスチック不使用のパッケージとなっているそうです。

[Trusted Reviews: Sony WF-1000XM4 Review]

 各ガジェット系メディア向けのレビューも発表と同時に解禁されていますが、ノイズキャンセリングがベストかどうかは疑問、騒音がある場所での通話品質が今一つ、高額になったとしつつもノイズキャンセリングの性能は素晴らしい、非常に音が良いといった理由から満点を得ていますね。

 価格に関しては前型よりも一割強値上がって280ドルぐらいですか…日本でも一割強程度値上がりするとなると、消費税増税もありますし税込み価格で3万円強となる可能性が高そうですね。

 見た目に関してはリークで写真を見た時にはちょっと微妙かと思いましたが、上記レビュー記事でもXM3とのサイズ比較がありますけど、

56493Headset4
56493Headset5
 これだけ小さくなっているならありかもしれません。







 プロうどんみたいに垂れているのはまた別としても、Surface Earbudsみたいに耳から円盤出てるよ円盤、みたいな見た目にはならずに済みそうですし。

 という事で、音楽鑑賞/通話用の完全無線ヘッドセットとして隙のない製品に仕上がっているようです。
 予算さえ手当てできれば間違いなく買いのモデルとなりそうですね、後はマルチポイントやゲーム用に低遅延モードにも対応すれば隙無しとなるのでしょうか。

追記: 国内でも正式に発表されました。[ニュースリリース]
 国内の発売日は6/25予定、市場想定価格は3.3万円という事で、税別価格で比較した場合は前型のXM3比で15%程度値上がりと、まあまあ値上がっていますね。

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WH-1000XM4 BM
・ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル 360 Reality Audio認定モデル ブラック WH-1000XM4 BM
(Amazon)
 .