56469AceNoBlade
 ゲームの性的表現に規制をかける≠アニメ原作タイトルに規制をかける、ではないことは本来言うまでもない筈なのですが…

スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.56473■■

[エース証券: ARI 週間投資レポート(毎週更新)](pdf)

 自称経済研究所の恥は掻き捨てとばかりに上書きされる記事なので当該部を転載しますが…

 「鬼滅の刃無限列車編」の大ヒットに見る世界的な若者の嗜好変化

 ソニーグループ傘下のアニプレックスが、世界的に存在感を増している。国内では、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されていた「鬼滅の刃」のアニメを通じてご存じの方も多いだろう。

 このほか、スマートフォンゲームでも、「FGO」、「マギカレコード」、「ツイステッドワンダーランド」とヒットを連発している。前クールに放送された「SK8」を見てもわかるように、日本でのヒットは、ハイクオリティのアニメを投入するほか、アニメ好きに受けるようなCGや内容の作品作りにあると考えている。「FGO」にしても、原作者の那須きのこ氏の制作意欲を引き出し、ハイペースでシナリオが追加できていることが大きい。この辺りは、アニプレックスの組織、システムがうまく機能しているためだと考えている。

 エース経済研究所では以前から、2030年ごろには日本のアニメが世界を席巻し、米国でも日本風の2次元アニメが受け入れられるようになるだろうと予測していた。これは、東アジア圏ではすでに日本風のアニメが主流であるほか、米国でも2008年ごろから継続的に夜の時間帯にアニメ放映が行われるようになっていた。そして当時の子供(ミレニアル世代)が10年以上を経て20代となり、購買力が増しているほか、子供の時にアニメを見た世代が広がっていることが背景にあると考えている。

 予想以上に、この影響が判りやすい形で出てきたのが「鬼滅の刃」と言っていいだろう。この動きがさらに広まれば、2次元ゲームに規制を掛けるSIEにとっては頭の痛い問題に直面するのではなかろうか。

 (安田)

 “・ω・?”

 “鬼滅ってアニプレちゃうんけ”
 “米国でアニメ調が流行ったらSIEもそれに追随するだけでしょ頭悪いのか”
 “支離滅裂すぎる”
 “安田と言えばDLSSで破壊的イノベーション”
 “安田君もしかしてセクシーなアニメしか見ないのでは”
 “SIEとSMEが仲悪いってどこまで正しい情報なの?”
エース証券・安田氏「鬼滅の刃のヒットはSIEにとって頭の痛い問題になりつつある」
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1622894392/

SIEとSMEは関係最悪だからな
SIEは表現問題についてSMEとは真逆の路線なのに、鬼滅やらFGOやらがバンバン売れたら社内政治的に困る

 “今そんなんないぞ”
 “言い負かされたみたいで悔しいから最後にレスを付ければ勝ちみたいなレスです”

 ソニー社内がある程度子会社毎に縦割りな部分は相変わらず多少なりともあると思いますけど、それで任度してたSME子会社UNTIESのタイトルをだが買わぬで見殺しにしたニシくんが偉そうにソニーガー言ってるところが面白いですよね。

 上で本当にいきなり“2次元ゲームに規制を掛けるSIEガー”とか言い出しているところとか色々限界に達していそうな感があるんですけど、SIEの規制は賛否両論ある…というか2重規制みたいになっている事には賛成できないと前も書いた事がありますけど、そこで漏れ聞こえてくる話っていうのは基本的に“CEROには引っかからないけど、グローバル時代においては行きすぎた性的表現”に対する独自規制の試みですよね?
 それが何の関係もない「鬼滅の刃」の話で出てくるから本当に限界なんだなって認識になる訳ですが、果たしてエース証券が消滅した後はどうなってしまうのでしょうか。

Tales of ARISE 【早期購入特典】ダウンロードコンテンツ4種が入手できるプロダクトコード (封入)
・PS5 9/9 Tales of ARISE 【早期購入特典】ダウンロードコンテンツ4種が入手できるプロダクトコード (封入)
(Amazon)
 .