56312FTU
 前作と同程度、というのはメディクリ集計と比較しての話ですが、前作のeb集計が妙に多かったというのがありますし…

スポンサーリンク


[ファミ通 - ゲーム販売本数ランキング]

 ちなみに販売本数に関しては先のちゃくたま記事で取り上げたGW前半週のリーク分を差し引いた本数で合っていたようです。

 「バイオハザード ヴィレッジ」はPS4版が首位を獲得。
 11.1万本を販売したPS4版、3.9万本を販売したPS5版の何れも消化率は緑茶。
 上でも書きましたが、2017年1月に発売された前ナンバリングの「~7 レジデントイービル」は初週18.7万本で消化率は六割弱だったのでレンジとしては同じような所に入っています。
 仮に出荷数も同程度だったとしても、販売本数が増えた分…二割分ぐらいはその当時よりデジタル比率も上がっているという事でしょうね。

 ちなみに「Newポケモンスナップ」は2週目で累計19.4万本を販売したにも関わらず消化率緑茶。
 どんだけ小売りに押し込んだんですかね、勿論来年初頭の新作に向けた“実績”目的で小売店が進んで入荷したのだという名目は立っているんでしょうけど。

 「Returnal」は2週累計で0.9万本を販売、消化率は焙じ茶(60-80%)ですが、これは恐らく土日あたりに出荷した分が消化率の母数に数えられている物と思われます。

 旧作は…任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり、ですね。
 名目上サードからの販売となっているタイトルを除いてもTop30内にランクインしている任天堂ハード向けタイトルの過半数が任天堂ソフトですし、なんなら任天堂様の息がかかってないソフトは一本もないレベル。
 そんな旧作群の中でも唯一消化率が焙じ茶なのが「Apex Legends」任ッチ版のパケですが、未だに20%以上残ってるとかどれだけ押し込んだんですかね。

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶
・PS5 9/24 LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶
(Amazon)
 .