56274Nintendone
 前記事で取り上げた任天堂質疑応答について、“ソフトを継続的に投入するため開発費が増えている”と言っているのはサードとの円を繋ぐために“開発費”が以前より多く必要になっているからではないかと書きましたが、その傍証がこれですね。

スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.56274■■

 最初に書いた事についてもうちょっと補足しておきましょうか、任天堂の“研究開発費”もソニーのゲーム分野ほどではなくとも漸増する傾向にあるのですが、今週の本決算発表に合わせて開催された決算説明会の質疑応答でその辺の質問も出たんですよね。

[任天堂: 2021 年3 月期 決算説明会カンファレンスコール 質疑応答(要旨)](pdf)

Q4:
近年、研究開発費が増加傾向にあるが、その背景は。また、当期において1000 億円近くの研究開発費を見込んでいるが、どのような開発を進めているかについて、イメージでもよいので教えてほしい。

A4 古川:
 ライフサイクルの中盤に入っているNintendo Switch に、新しいソフトを継続的に投入していくため、外部委託を含めたソフト開発の費用が増加しています。また、ソフト1 本あたりにかかる開発費も過去のプラットフォームに比べて増えており、一定規模のラインアップを維持しようとすると、開発費はこれからも増加傾向が続くと考えます。その他、デジタルビジネスの強化や、昨年9 月の経営方針説明会でお話しした、長期的にお客様との関係を保ち続けられるような将来に向けたサービスなど、さまざまな検討を行っています。さらに、次のハード開発も発売の何年も前から取り組む必要がありますので、徐々に研究開発費は増えてきています。今後もハード・ソフト一体型のビジネスを継続することで成長していきたいと考えており、ハード・ソフト両面でさまざまな研究開発を行っているのが実情です。

 任天堂らしさを出そうとしているのかどうか、話が無駄に長くなりつつある古川社長。
 ともあれ、ここで話している通り任ッチのライフサイクルが中盤に差し掛かりソフトを継続的に投入していくため、というのが主要なソフト開発費用の増加要因であるとコメントしています。

 ソフト1本あたりの開発費用が増えているという話についてはどう捉えるかですが、昨期の発売タイトルって

[任天堂 - Nintendo Switch ソフトウェア]
56274Nintendone2
56274Nintendone3

 この11本(うち無料タイトル2本)ですよ、何処に開発費がかかる要因があるっていうんでしょうね。
 勿論開発中のタイトルの開発費を計上している場合もあるでしょうけど。

 “あの…これ…”
任天堂ゲーム機向けのソフトの販売動向推移をさぐる(2021年公開版)
[Yahooニュース個人 - 不破雷蔵]
56274Nintendone1

 “もう売るもんないよねこの会社”
 “任天堂は新規IP作る気が無いのかな、もう売るもんないだろマジで”
 “ピークアウトですね”
 “もう終わりだよこのメーカー”
 “やはり任天堂にHD解像度はまだ早かった”
 “このタイトル数の内幾つがWiiUの焼き直しなんだろう”

 発売タイトル数が少なくなる傾向があるのは他のパブリッシャも同じだろという擁護があるのですが、そもそも昨期発売された任天堂ソフトが外注と使い回しばかりで残るタイトルも小規模なのが多く、内製ソフトの新作って何?状態ですし…
 バンナムスタジオや外注に頼りきりで沢山いる任天堂社員は何やってるんでしょうね本当に。

Tales of ARISE 【早期購入特典】ダウンロードコンテンツ4種が入手できるプロダクトコード (封入)
・PS5 9/9 Tales of ARISE 【早期購入特典】ダウンロードコンテンツ4種が入手できるプロダクトコード (封入)
(Amazon)
 .