56208Switchor
 任天堂の決算発表がGW明けにあるので仮の業績比較記事として作成しています。
 任天堂の業績が予想よりも上振れしている可能性はあるんですけど、それでも急にソニーのそれを上回る事は有り得ないですし。

スポンサーリンク


[ソニーグループ: 2021年3月期 決算短信〔米国基準〕(連結) / 決算説明会資料 / 補足資料](pdf)

[任天堂: 2021年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 決算説明資料](pdf)

 結構細かく書いていますが、これはゲハの一般人こと任天堂信奉者共が“PS5の2021年ソフトシェアは1%未満”みたいなゲハの現実(※ソースはファミ通Top30ランキング)を見ているからというのがあるんですよね、パケのみ、上位のランキングだけ見て現在のゲーム産業を完全に理解したとか言っているのは木を見て森を見ずという諺を通り越したレベルにあります。

56208SonyInteractiveEntertainment2
 2021年3月期、ソニーのゲーム&ネットワークサービス分野は通期で売上高2兆6562.78億円、営業利益3421.92億円。
 第4四半期は単独で売上高6603.05億円、営業利益330.4億円。

56208SonyInteractiveEntertainment6
 PS5の販売台数は通期で780万台、PS4は570万台、ソフトウェアの販売本数は3億3890万本でデジタル比率65%。
 第4四半期単独ではPS5が330万台、PS4が100万台、ソフトウェア販売本数は6140万本でデジタル比率79%。

56208Switchor1
 任天堂の2021年3月期通期業績予想は売上高1兆6000億円、営業利益5600億円。
 第3四半期までの実績から差し引きして考えると第4四半期単独の売上高は1955.37億円、営業利益は388.92億円となりますね。
 あくまで予想なので上振れする可能性はありますけど、通期売上高は1兆円以上の差を付けられ、第4四半期単独で見るとソニーの1/3未満の売上高っていう。
 第4四半期は営業利益でまで負ける予想なんだから…利益率ぐらいしかソニーに勝ってる部分なさそう。
 ニシくんがそれ自慢し出すと任天堂ハードのユーザーがどれだけぼったくられているかを誇らしげに語っているという間の抜けた光景になる訳ですが。

56208Switchor2
 そしてNintendo Switchシリーズの通期累計販売(出荷)台数予想は2650万台、ソフトは2億と500万本の予想。
 第3四半期までの実績との差(第4四半期単独の予想)は本体が240万台、ソフトが2890万本ですね。
 通期のソフト販売本数はソニーに1.3億本の差を付けられ第4四半期はPS5にハード販売台数でも敗北、ソフトで言えば半分以下。
 モン半ライスの500万本があってこれなんだから、今期なんてどれだけ差が付くことでしょうか。

 まあニシくんがファミ通ランキング、パケのみ上位を恃みに“俺らねPS5コケると思うよ”と連呼したところで現実(現実)はこんなものですね。
 どこぞの自称経済研究所さんはどういうエクストリーム屁理屈でPS凋落したんだガーと主張するのか…割とどうでも良い話でした。

追記: 諺が間違っていた部分を訂正しました、ご指摘ありがとうございます。
 言い訳するともっと長く書いていた部分を縮めた時の編集ミスですね…ニシくん™を見て森を見たつもりになってそう、みたいな部分を。
 そしてその結果はぷちさんに魂を引かれた可能性もありそうです。

Tales of ARISE 【早期購入特典】ダウンロードコンテンツ4種が入手できるプロダクトコード (封入)
・PS5 9/9 Tales of ARISE 【早期購入特典】ダウンロードコンテンツ4種が入手できるプロダクトコード (封入)
(Amazon)
 .