56161Appad
 流石にこれはちょっと高くないかなと思う所ですが…

スポンサーリンク


[Apple - iPad Pro]
56161Appad1

 2021年型のiPad Proは新たにM1チップを搭載、A12 SoCに比べ大幅な性能アップを果たしたとアピールしています。
 M1チップはこの他同時に発表されたiMacの2021年モデルにも搭載、搭載製品が増えています。

 何れも液晶ディスプレイですが、12.9インチモデルはバックライトに多数のミニLEDを採用し2500分割のローカルディミングにより高いコントラスト比を発揮するとPR。
56161Appad2
56161Appad3

 後はカメラも2眼カメラにLiDARによるARにも対応するとか何とか。
56161Appad4

 接続端子は前型に引き続きUSB Type-CでLightning接続にも対応と。

 重量は11インチモデルが468g、12.9インチモデルが684g。
 滅多にいないとはいえでっかい方を電車で使ってる人がいると引くほどデカい訳ですが、任ッチの重い方も11インチモデルの長辺の左右を手で持つようなサイズ感である事を考えると同じぐらい左右に張り出すんですよね。

 性能面ではiOS搭載デバイスとしては珍しく搭載メモリ量も公開されており、ストレージ128-512GBモデルが8GB、1-2TBモデルが16GBと差を付けられています。



 価格はかなり高額で、最も安い11インチモデルのWiFiのみ、ストレージ128GBでも94800円。
 12.9インチモデルは129800円が最安値。
 更にストレージ256GBで+1.2万円、512GBモデルで+3.6万円、1TBモデルで+8.4万円、2TBモデルで+13.2万円。
 かつWWAN通信対応モデルだと+1.8万円で、12.9インチモデルのWWAN通信対応モデルとなると279800円ですね。



 後はAirTagなる省電力Bluetoothでタグが付けられたアイテムの在処を探せるという製品も発表、こんなんで3800円だそうです。

 Appleのする事なら何でも持ち上げる人を見ると任天堂に通じる物があるなとは思いますね…ハードで最大の利益を得ようとする部分は一緒でもAppleには高い技術力がある分のアドバンテージはありますし、任天堂前々社長が勝手に次なる敵をアップルに定めたように、真似っこしたのは任天堂の方ではあるのですが。

NEC 11.5型 Android タブレットパソコン LAVIE T1195/BAS(6GB/ 128GB)Wi-Fi11.5型ワイド有機EL & 8コアプロセッサ搭載 大画面・高画質プレミアムタブレット PC-T1195BAS
・NEC 11.5型 Android タブレットパソコン LAVIE T1195/BAS(6GB/ 128GB)Wi-Fi11.5型ワイド有機EL & 8コアプロセッサ搭載 大画面・高画質プレミアムタブレット PC-T1195BAS
(Amazon)
 .