56078DaMajour
 そりゃSIE側が簡単に認めるわけもないでしょうけど、今後のシリーズの先行きがどうなるかに不透明感が増してきますね。

スポンサーリンク


[inverse: 'MLB The Show 21' on Game Pass redefines the Xbox vs. PlayStation rivalry](ムービー)

 そもそもシリーズのマルチプラットフォーム化もライセンス契約の更改におけるMLB側からの要求だった、と報じられている「MLB The Show 2021」のXbox版。
 ……何かマルチ化発表当時は任天堂も喜んでいた気がするんですけど、あれどうするんでしょうね。
 PSVita版でも引っ張り出してきて移植するしかないのか。

 ともあれ発売まで一月を切ったタイミングで突如発表された、発売同日にXbox Game Passで遊び放題になる(多分期間限定)という発表。
 これについてSIE側に問い合わせたところ、担当者は決定はMLB側が独自に行った上でSIE側に通達してきたようで、狙いとしてはより多くのプレイヤーに提供するために~云々。

 表面的な取り繕いはどうでもいい話なので省略するとして、マルチプラットフォーム化からしてMS側からの働きかけが大きく影響したのだとしたらこれもその一環というか、もしSIE側には売上高の一定率を渡すという事になっていて、それとは別に一本あたり幾らMLBにライセンス料が支払われるみたいな契約であれば、MLBとしては数が出れば出るだけ儲かるし…みたいな話でしょうか。

 MS側としてはPSプラットフォームの人気タイトルが手に入り、シリーズが潰せればそれはそれで好都合という。

 実にアメリカンな話ですけど、こうなるとシリーズの先行きがろくな事にならないパターンですかね。
 シリーズ自体が潰れないにせよ、実際にMS自身のタイトルで見られるように発売時点のコンテンツがスッカスカになってDLCや課金コンテンツ塗れになる、みたいな。
 この場合はXbox Game PassとPSプラットフォーム向け展開の兼ね合いを図らねばならなくなる訳ですが、基本となるソフトはほぼライセンス料のみと言うF2Pタイトルに近い形式として最初の購入時は1チームだけ選んで開放、チームやリーグを開放するにはクッソ長いプレイ時間か課金が必須、エディットチーム用の選手はやっぱりクソ長&激渋もしくは有料ガチャで引いてね☆みたいな?

 何処に転がしても今より悪くなる可能性が高くてアレですが、意外と欧州でも売れているNBAゲームと違ってMLBゲーってのもほぼ北米市場限定でしょうし、これを機に“リカーリング”収益を重視する方向に転換するというのも一つの手なのかもしれません。
 スマにおいてもFIFAや、国内市場ではKONMAIのプロスピA等が継続的な売上を上げている事からして、任ッチ版はスマ版の劣化版として展開すれば一応マルチ化するという約束の体裁も付けられるでしょうし。

 個人的にはあまり好きな商売ではありませんけど、MSや任天堂はやった者勝ち、儲けた者勝ちってのがSIEより遙かに強いのは間違いなく、この状況を活かして収益を最大化する手立てを考えないと一方的にやりたい放題にされることにもなるのではないでしょうか。

ラチェット&クランク パラレル・トラブル【早期購入特典】・ピクセライザー(武器ガラメカ) ・カーボノックスアーマーセット(封入)
・PS5 6/11 ラチェット&クランク パラレル・トラブル【早期購入特典】・ピクセライザー(武器ガラメカ) ・カーボノックスアーマーセット(封入)
(Amazon)
 .