55993PSfve
 PS5の販売台数については国内における発売からの経過週数ではなく、時期的な話ですね。
スポンサーリンク


[ファミ通: 【ソフト&ハード週間販売数】PS5累計販売台数が50万台を突破! Switch『スーパーマリオ 3Dワールド』は3週連続首位を達成【3/15~3/21】]

●ソフト

1 (1 ).Switch : スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド / 37396本(累計 55万5517本)
2 (Ne).Switch : 電車でGO!! はしろう山手線                       / 24393本
3 (2 ).Switch : 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~           / 20275本(累計205万2117本)
4 (Ne).Switch : ジャックジャンヌ                                / 15827本
5 (3 ).Switch : リングフィット アドベンチャー                   / 14865本(累計246万6941本)
6 (6 ).Switch : マリオカート8 デラックス                        / 11925本(累計373万8387本)
7 (Ne).Switch : Apex Legends チャンピオンエディション           / 11665本
8 (7 ).Switch : 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL              / 10397本(累計420万8669本)
9 (8 ).Switch : あつまれ どうぶつの森                           /  9516本(累計669万9716本)
10(10).Switch : Minecraft                                       /  9320本(累計186万1643本)

 新作トップとなったのは「電車でGO!!はしろう山手線」の任ッチ版ですが、COMGでもTSUTAYAでも全然売れてないのに何処で売れたのかというのは割と謎ですね、そりゃニシくんは電車とか好き層っぽい印象はありますけど…

 「ジャックジャンヌ」も何処で売れていたのか良く分かりませんが、COMGとTSUTAYAに関しては元々女性向けタイトルに強いところでもないですし…速報スレでやるようなことでもないマやってましたし何かあるんですかね。

 そしてA-PEXこと「Alex Legends」の特典(のみ)パッケージが1.2万本も売れてしまう。
 国内では流行っているだけにそれぐらい売れても不思議ではないのでしょうか、こんなもん買っちゃった人はご愁傷様ですけど。

 一方、TSUTAYAでは新作でトップだった「閃の軌跡IV」任ッチ版は行方知れず、「マグラムロード」は言うに及ばず。
 ついでに「香川愛生とふたりで将棋」も行方知れずですね、サードが売れる任天堂ハードって何処の世界にあるんでしょうか。


 旧作については、任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり、以外に何かあるでしょうか。
 いつものようにやや減少で足並みを揃えているようです。


●ハード

Nintendo Switch                      / 52579台(累計1536万8232台)
Nintendo Switch Lite                 / 36525台(累計 344万9619台)
PlayStation 5                        / 26322台(累計  43万3545台)
PlayStation 5 デジタル・エディション /  8335台(累計     84371台)
PlayStation 4                        /  2559台(累計 777万2882台)
PlayStation 4 Pro                    /    19台(累計 157万5708台)
Xbox Series X                        /  1128台(累計     30204台)
Xbox Series S                        /   801台(累計      8526台)
Newニンテンドー2DS LL                /   814台(累計 115万9191台)

 ハードでは引き続きNintendo Switchシリーズが首位ですが、前週比で25%ほど販売台数が増えたのに定番タイトルの売れ行きは減少と足並みの揃ってないところが任天堂ハードですね。
 やろうと思えば一応モンハンライズの先取り需要だろうみたいな説明付を出来なくもないんですけど、普通ここまで来るとそういう需要ってあまりなくなってくる物ですし。

 PS5シリーズは前週比で一割弱減少し3.5万台を販売。
 タイトルにある通り、PS4発売時の同時期(2014年3/13週)におけるPS4の販売台数3万台、累計47万台を上回っており、かつ需要も引き続き旺盛ですから出荷ペースが鈍化しない限りはPS4を上回るペースでの普及を続ける事となりそうです。

 PS4シリーズは前週比でやや減少、これについては順当な成り行きですね。

 XSX|Sは前週比で2.5倍を超える台数となっており、増加率で言えばトップですね。
 絶対的に見ればPS5に更に3万台以上の差を付けられたという事実が残るのみですが、放っておくと100倍を超える差が付くことを考えると健闘しているとも言えるのかもしれません。

 3DSシリーズ、というか2DSは前週比でやや減少し、結果XSX|Sに追い抜かれ最下位に転落しています。
 この期に及んでまだ在庫が残っていてまだちまちま売れているという辺りが何ともですけど、そういえば任ッチに後方互換性がありませんでしたね、かつての任天堂社長があんなに大事だって言っていた後方互換性が。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version【予約特典】武器パーツ「ラクーン君」と「サバイバルリソースパック」が手に入るプロダクトコード(無償)【CEROレーティング「Z」】
・PS5 5/8 BIOHAZARD VILLAGE Z Version【予約特典】武器パーツ「ラクーン君」と「サバイバルリソースパック」が手に入るプロダクトコード(無償)【CEROレーティング「Z」】
(Amazon)
 .