55674PSplusMax
 これは勿論フリープレイを除いての話ですね、発売された瞬間に、或いは発売前からPSより売れてるんだガーとか言い出す任Diesソフトではないので。
スポンサーリンク


 ちなみにニシくんの言動ですが、勿論藁人形論法ではありません。
 「site:krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard フリープレイ 遅効性の毒」とかでググるとバンバン出てきますが、

フリープレイという遅効性の毒でもはや取り返しのつかない ...

2018/05/10

フリープレイという遅効性の毒に冒され「買い控え爆死」が ...

2018/08/25

【SONY】PS+フリープレイの毒が全身に【最悪の結果】

2020/02/11

フリプという遅効性の毒でシェア4%まで落ちたPSW かたや ...

2020/06/26


フリープレイという遅効性の毒に冒されソフトが売れなくなったPS4


フリープレイという遅効性の毒で死にゆくPSワールド

 任天堂信者は頭がおかしいという端的な事実。
 シェア4%云々もファミ通のパケのみ集計とかその辺だけ見ていってることですからね。

[当ブログ: [決算]2021年3月期3Q決算、SIEの売上高2兆円、ソフト販売本数2.76億本、デジタル比率92%に対し任天堂は1.4兆円、1.76億本、40.9%]

 しかしながら現実(現実)はこうなっております。
 ニシくんはゲハーチェンバーで彼岸に旅立ってしまったようです。

 ここまでが前置きですが、PS5/PS4対応タイトルの「Bugsnax」は「Octodad」のYoug Horses新作としてPS5発売と同日に配信開始となったタイトルで、1/4までPS5版がPS+のフリープレイ対象となっていたんですよね。

[Twitter: Philip Tibitoski @PTibz]

Bugsnax has been out for a few months now, and it's wild that even after being free for PS5 PS+ users for most of that time it has outsold Octodad's launch PS sales. The team at @YoungHorses
is so grateful for everyone's support!

午前4:05 · 2021年2月2日

 開発元Young Horsesの共同創設者かつプレジデントのPhilip Tibitoski氏によると「Bugsnax」が発売されて数ヶ月、PS+フリープレイでPS5ユーザーの殆どがプレイ出来た後でも「Octodad」の初動を上回る販売を記録しているとのこと。

 という具合に、PS+でゲームが売れなくなると言うのは気のせいなんですよね。
 このタイトルに関してはPS5の初期需要もあるのでしょうが、フリープレイになったタイトルがその後売れなくなるなんて事もない訳で。

DEATHLOOP【予約特典】ゲーム内アイテム コード封入 【CEROレーティング審査予定 (「Z」想定) 】
・PS5 5/21 DEATHLOOP【予約特典】ゲーム内アイテム コード封入 【CEROレーティング審査予定 (「Z」想定) 】
(Amazon)
 .