55668Pray
 何か致命的な瑕疵でも見つかったんですかね、そんなことを言い出したら自称経済研究所さんの作文全部無かった事にしなきゃいけなくなりそうですけど。
スポンサーリンク


 ちなみに令和3年最新のゲーム販売におけるパッケージとデジタルの関係については、ニシくんに説明するために未明に書いた記事があるのでご参照下さい。

[自ブログ: [産業構造転カン]任天堂の2021年3月期第3四半期までのDL専売ソフト、DLC、サービス等売上高計1055億円、SIEは同期間DL専売ソフト抜きで9599億円]

 証券会社のアナリスト様がこんな場末のブログを見ていると考えているわけではありませんが、ゲハのニシくんがこれを認識していない、それと同レベルって冗談抜きなんですよねこれがまた。

 後の置き論破は転売屋ガーとかいってるけどPS5ユーザーのPS+加入率は87%と、あまりの需要の高さから転売屋が悪目立ちしてはいるもののユーザーに届いていない訳ではないという事実やら、今期のPS4販売台数を750万台に上方修正すると書いているのですが、

[当ブログ: [ゲハリスト]エース証券の自称経済研究所さん、検証と称して“SIEは日本軽視してるったらしてるモン!”と何故か投資情報で力説してしまう]

 それもう一ヶ月半以上前に修正してましたよね?
 どうしてもPS5にPS4を上回って欲しくない余りに上方修正(据え置き)という荒技にでてしまったのでしょうか。

via ■■速報@ゲーハー板 ver.55675■■

[エース証券: 2021/02/02 決算速報 任天堂(東1:7974) / 2021/02/04 決算速報 ソニー(東1:6758)](pdf)

担当:安田 秀樹

 ソニーの“決算速報”本文が欠落していると書きましたが、ゲハに転載された分の他に任天堂の物を参照して貰うと分かりますが、ダラダラグダグダと埒もあかないことを書き散らしているのが普通なのです、この決算速報。

エース証券・安田氏「PS5はソフト販売が相当弱く、実際の需要がよくわからない 生産体制には失望」
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1612412495/

 ゲーム事業が好調で増益
 2021 年 3 月期第 3 四半期(累計)は、前年同期比 4%増収の 6 兆 7789 億円、同 12%営業増益の 9053 億円、当期利益 1 兆 647 億円(同 1.8 倍)と増収増益。
 主力のゲーム&ネットワークサービス事業が巣ごもり消費によるゲームソフト販売の好調、PS5 の発売で同 29%増収の 1 兆 1127 億円、同 61%営業増益の 3092 億円と大きく伸長し、イメージング&センシング・ソリューション事業の落ち込みをカバーした。
 第 3 四半期実績は、エース経済研究所が前回上方修正した予想を大きく上回った。

 PS5 の立ち上げで大幅増収を達成
 主力のゲーム&ネットワークサービス事業は、PS5 の立ち上げと巣ごもり消費によるゲームソフト販売が好調で、同 29%増収の 1 兆 1127 億円、同 61%営業増益の 3092 億円と大きく伸長した。
 PS5の売上台数は、450万台と同社が空輸を駆使したこともあり、PS4並みとなった。ただ、販売国・地域が大きく増えた結果、各国単位で見るとPS4を下回ったようである。特に、日本は発売から12 週の実売台数が 31 万台(ファミ通調べ)と、PS4 の 54%の水準でしかない。
 また、転売と見られる出品がフリマアプリや、オークションサイトに大量に出回っており、実際の需要もよくわからない状況になっている。明らかなことは、パッケージソフト販売が相当弱いと見られることと、PS5 のローンチに展開した国内サードパーティから良好な説明がないことである。
 なお、ソニー側は PS5 の増産が当面困難であることを明らかした。現時点での売上台数目標は、今期 760 万台以上、来期 1480 万台以上としている。これは、世界的な半導体不足が顕在化しており、ハンエインドゲーム機はその渦中にあるためである。

 ゲーム事業の通期計画を上方修正
 ソニー側は、ゲーム&ネットワークサービス事業の今期計画を売上高 2 兆 6000 億円⇒2 兆6300 億円、営業利益 3000 億円⇒3400 億円に上方修正した。
 エース経済研究所では、今期予想を売上高 2 兆 5000 億円⇒2 兆 6300 億円、営業利益 3500億円⇒据え置き。売上高の上方修正は、PS5の売上台数を750万台としたため。営業利益は逆ザヤ及び多額の空輸コストが掛かることを考慮した。
 エース経済研究所では、PS5 の大きさやデザイン面に不安があるとしていたが、販売国数を増やす一方、販売計画を PS4 並みとするとは見ていなかったため、各国が PS4 以下の売上台数になる状態は想定していなかった。
 任天堂の故・岩田社長は、ゲーム機は勢いのビジネスであり、ハード販売が低迷すると、ソフトが売れなくなり、ハードがさらに売れなくなる負のサイクルに入るとコメントしていたが、PS5 は転売需要もあってこのサイクルに陥る可能性があると見ている。
 ソニー側もこの点は認識しており、PS4 コミュニティを維持することで、悪影響を最小化したいとしている。しかし、そもそも 3 月から世界的に PS4 の大部分のモデルの供給が途絶えがちになるなど、PS4 ビシネスを縮小する方向でビジネス展開していたため、実現するか未知数。
 エース経済研究所では、普及するには大量に生産できることが肝要であると数度に渡って指摘していたので、現状の生産体制には失望している。

 “PS5の需要は不明!パッケージ売れてない!”
 “決算見てこれ言ってるならガチな馬鹿だな安田って”
 “失望しているって生産体制の理由説明されてるし明らかなのにこいつほんと何も読んでねえのな”
 “これもう速報民笑わせるためだけに書いてるだろ”
 “DLに一切触れてない時点で論外だよね”
 “エース経済研究所これ誰に向けて書いてるの?”
 “安田、ソニーの株上がっててお前以外誰も失望してないぞ”

 デジタル分の売上高について触れていないのもそうなのですが、業績予想に関する部分も何か支離滅裂ですね、
・ソニーはPS4を超える760万台以上としている
・自称経済研究所における売上高の予想を上方修正する
・自称経済研究所におけるPS4の販売台数予想を上方修正した(してない)
・販売国数を増やしてもPS4並にするとは思ってなかったから各国でPS4以下になるのは想定していなかった

 PS4以下の販売になると予想していて販売国数が増えたんなら販売がPS4以下になるのは想定通りだろと。
 実際には米NPD集計で過去最高の出足となるなど、PS4以下になっているわけではないのですが。

 にしてもなんで消しちゃったんでしょうね、これがおかしいと反省できる頭があるんだったら4gamer(GIbiz日本版)であんなもん公開できないでしょうし。

Returnal 【早期購入特典】セレーネのスーツスキン2種 /アストラモデル14 タクティカルスーツ/アストラモデル9 プロトタイプスーツ(封入)
・PS5 4/30 Returnal 【早期購入特典】セレーネのスーツスキン2種 /アストラモデル14 タクティカルスーツ/アストラモデル9 プロトタイプスーツ(封入)
(Amazon)
 .