55668SQEX
 とは言ってもオンラインゲームとスマを除く“HDゲーム”は2-3Q単独だと営業損失を出しているのですが…
 「Marvel's Avengers」が躓いたのが大きいのでしょうが、その期間に発売された他のタイトルは全部任ッチマルチっていう。
スポンサーリンク


[スクエニHD: 令和3年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 決算説明会資料](pdf)

 売上高は前年同期比33.7%増の2536.43億円、営業利益は47.7%増の410.22億円、経常利益は38.3%増の387.03億円、純利益は4.3%減の183.71億円。
 売上高と営業利益が大きく伸びているのに対して純利益はやや減少していますが、これについては臨時休業による損失等が22億円など特別損失が36億円程計上されているのに加えて税額が前年同期比で倍程度に増加していることによるものですね。

○デジタルエンタテインメント事業

 ゲームを中心とするデジタルエンタテインメント・コンテンツの企画、開発、販売及び運営を行っております。デジタルエンタテインメント・コンテンツは、顧客のライフスタイルにあわせて、家庭用ゲーム機 (携帯ゲーム機含む)、PC、スマートデバイス等、多様な利用環境に対応しています。
 当第3四半期連結累計期間は、HD(High-Definition:ハイディフィニション)ゲームにおいては、「FINAL FANTASY VII REMAKE」、「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」等の大型タイトルの発売があったことに加え、カタログタイトルの販売が好調に推移したこと、ライセンス収入等により、前年同期比で増収、黒字転換となりました。
 MMO(多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)においては、前年同期に「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」の拡張パッケージの発売があったため減収となったものの、同タイトルの継続課金収入等が前年同期比で増加したことにより増益となりました。
 スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツにおいては、「ドラゴンクエストウォーク」、「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」等の既存タイトルが堅調であったことに加え、当期にサービスを開始した「ドラゴンクエストタクト」と「オクトパストラベラー大陸の覇者」の収益貢献によって、前年同期比で増収増益となりました。
 当事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は203,536百万円(前年同期比48.6%増)となり、営業利益は42,204百万円(前年同期比43.0%増)となりました。

 何か半端に旧エニックス側に配慮した表現が見られますね、DQXオンラインなんて全然儲かっていないでしょうに。

55668SQEX1
 HD…といいつつHDじゃない任天堂ハード向けゲームをも含む部門についてはFFVIIリメイクのお陰でQ1で大きな営業利益を出すも、第2-3四半期は赤字に逆戻り、果たして第4四半期までその貯金は持つのでしょうか。
 主要タイトルとしてはFFVIIリメイクの他にAvengersのみが出ている状態ですが、他に発売された

・聖剣伝説3
・ドラゴンクエストライバルズエース
・ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター
・キングダムハーツ メロディオブメモリー
・電車でGO!!はしろう山手線
・サ・ガ コレクション

 はどうしたんでしょうね、むしろ業績の足を引っ張ったんでしょうか?
 先述のようにこれらのタイトルに共通していることはNintendo Switchマルチであるという事実。
 電車でGO!!の任ッチ版発売は遅れて今四半期にズレこんでる訳ですけど、クオリティがその分下がるのは厳然たる事実ですからね。

55668SQEX2
 MMO、っていうかFFXIVは安定した業績を上げています。

55668SQEX3
 地域別販売本数も前年同期よりも伸びていますし。

55668SQEX4
 スマ/ブラについては安定した収益を上げていますね、3Q単独で見ると前年同期に比べてやや売上高が落ちているわけで、特にタコベラーは10月サービス開始なんだから“新作の収益貢献によって増収増益”とは何だったの感がありますけど。

55668SQEX5
 AM事業は第1四半期に大きく落ち込みましたが、3Q単独では黒字に転換しています。
 といっても先述のように店舗休業等による損失が特別損失として計上されているので、それを含めたら怪しい所ですが。

55668SQEX6
 出版事業はまさに右肩上がり、営業利益率も五割程度と相当な水準に達していますね。
 デジタルシフトに上手いこと乗っかり、更には紙本の販売も下げ止まった事が大きいのでしょうが。
 舌禍を巻き起こして大分前にネットの表舞台から消えてしまった田口さんも鼻が高いんですかね。

55668SQEX7
 ライツ・プロパティ等事業も低めながら安定した収益を得ているようです。

 というわけで全体的には業績も安定しているんですけど、ゲーム事業の課題としてはHDゲーム…いわゆる買い切り型のゲームから継続的収入を得られるタイトルを生み出せていないというのがありますね。
 本来はAvengersがそこを狙って開発されたタイトルだったんでしょうけど、初動で躓きましたし。
 まあ任ッチマルチタイトルは置いておいてもFFVIIリメイクは長く売れ続けるタイトルになるでしょうし、今後もきちんとしたゲームを出していって欲しいところですね。
 facebookのモットーとして著名な“Done is better than Perfect.”…完璧を期して完成しないよりはきちんと完成させる方がまし、とは言いますけどでも良いから出しさえすればそれでOKとはならないわけで。

追記: 編集ミスで記事最初の部分が重複していたのを修正しました、ご指摘ありがとう御座います。

アウトライダーズ 〔初回生産特典〕「ヘルズ・レンジャーズ・パック」のダウンロードコード封入
・PS5 4/1 アウトライダーズ 〔初回生産特典〕「ヘルズ・レンジャーズ・パック」のダウンロードコード封入
(Amazon)
 .