55630CAPCOM
 少し前に連結業績予想を上方修正していた為あまり驚きはありませんが、引き続き好調な業績を維持しているようです。
スポンサーリンク


[カプコン: 2021年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 決算カンファレンスコール資料](pdf)

 売上高は前年同期比22.6%増の648.67億円、営業利益は32.2%増の243.82億円、純利益は34.1%増の175.23億円で、前四半期の決算に引き続き過去最高の利益を記録しているとの事。

① デジタルコンテンツ事業
 当事業におきましては、4月に発売しました新作タイトル『バイオハザードRE:3』(プレイステーション
4、Xbox One、パソコン用)が堅調に推移するとともに、昨年「日本ゲーム大賞2020」において優秀賞を受賞
した、前年度発売の『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(プレイステーション4、Xbox One、
パソコン用)が続伸するなど、採算性の高いリピートタイトルが息の長い売行きを示したことにより、利益
を押し上げました。加えて、当社主力IPを用いたライセンス収益が利益に貢献しました。
 この結果、売上高は489億66百万円(前年同期比20.6%増)、営業利益は247億87百万円(前年同期比24.6
%増)となりました。

 主力となるデジタルコンテンツ事業は上述のようにバイオRE:3とMHWIがメイン、かつ他のタイトルのリピートもあり大幅増収増益を記録。

 他の事業はというと、AM施設事業は大きく減収しほぼ利益ゼロ、まあここは赤字になっていないだけましですね。
 AM機器事業…カプコンのいう所のAM機器ってパチなんですが、67.1億円の売上高に対し営業利益は24.3億円と好調な結果を残しているようです、ここでもMHWが売れたとか。

55630CAPCOM1
 売上高はここから期末までに270億円程度を上積みする予定としているのですが、営業利益の上積みは少ないんですよね…
 モハライズにそんな開発費がかかってるようにも見えませんけど、一体何の経費を計上するつもりなのでしょうか。

55630CAPCOM2
 ゲーム事業の売上高は、割合的にはパッケージの売上高が大きく増える見込みとされていますが…

55630CAPCOM3
 本数的にも1四半期で新作920万本を上積みする予定とされているんですよね、内720万本が海外、DL販売は640万本というのですが。
 バイオRE:3だけでそこまで増えるとは考えにくいのですが、モハライズで任天堂がやっちゃったんでしょうか。

55630CAPCOM4
 実績としては「モンスターハンターワールド:アイスボーン」がMHWとは別に720万本を突破、バイオRE:3は360万本を突破。

55630CAPCOM5
 やっぱり今期残る予定としてはモハライズだけみたいな扱いになっているんですよね、バイオ村は来期ですし。
 まあモハライズがいきなり410万本“出荷”されたりしたらゲハ的には面白いと思いますよ。

BIOHAZARD VILLAGE Z Version【予約特典】武器パーツ「ラクーン君」と「サバイバルリソースパック」が手に入るプロダクトコード(無償)【CEROレーティング「Z」】
・PS5 5/8 BIOHAZARD VILLAGE Z Version【予約特典】武器パーツ「ラクーン君」と「サバイバルリソースパック」が手に入るプロダクトコード(無償)【CEROレーティング「Z」】
(Amazon)
 .