55564DOAthree
 Xboxに全部突っ込んで爆死した件の自己正当化もしてるみたいですね。
 あのアレがアレデビルズサードしたからお金を出してくれそうなプラットフォーマーがMSぐらいしか残っていないという事なのかもしれません。
スポンサーリンク


[facebook - 板垣伴信: To those who read the article released by Bloomberg on Jan.6, 2021]

 何故かBloombergからの取材でMSとの蜜月の日々について語ってる板垣伴信氏。

 記事では削除された文章を全文掲載とかfacebookでやってるわけですが…

質問:アメリカの会社が日本の会社が大半を占める業界に参入してくることについてどんな印象を持たれましたか?

答え:大歓迎で、起きて当然のことだと思いました。これは例えですが、ゲームコンソールを戦闘機だとしましょう。どの戦闘機にも独自の部分があるはずです、例えば、この戦闘機は速いが多くのミサイルを搭載できない。我々のようなソフトウェアの会社は自分で戦闘機を組み立てることはできませんが、数多あるものから選ぶことが出来、提供されるスペックやサポート予算のようなものに基づいて決断を下します。でも、世界に1種類の戦闘機しかなかったとしたらどうでしょう?それはとてもマズイ。なぜなら、まったく交渉ができないからです。だから、大歓迎だったんです。そしてXboxはPS2より更にパワフルになるよう設計されていて、間もなく市場に登場するばかりだった。私には他のオプションはなく、ベットするのみでした。

 突然の板垣節で戦闘機がどうのと言い出す板垣氏。
 現状各世界に1機種ずつしか選択肢がないような状況なのでは…?

 更には日本でのXboxロンチ時に50万台用意できていればDOA3が300円ワゴンになる事もなく話は変わっていた筈だとか火葬戦記まで始まる始末。

 新会社を設立したという話は文末の辺りにあるのですが、

質問:板垣さんの近況について教えて下さい。
答え:過去4年間、後進に仕事を教えて来ましたが、またゲームを作りたいと思い、そのための会社を設立したところです。

質問: おお、それは素晴らしいニュースですね。Xboxのファンの多くがあなたの作品をきっと待っているはずです。
答え:あてにしておいてください。でなければ、今回のXboxの記事のためにインタビューを引き受けなかったでしょう。

質問:もしMSがあなたの会社をMSのスタジオの1つにしたいと言ったとしたら、どうしますか_
答え:はは、20年前にシーマスにした質問から始めると思いますよ。当時、私は彼に尋ねました。PS2に勝つ自信はあるのか、と。彼は、イエスと答えたんです。Xboxは「プロジェクトミッドウェイ」と呼ばれていて、俺はこれで覇権を取るんだと。だから私はその時、シーマスを信頼して実際10年近くXboxエクスクーシブのゲームを作ってきたんですよ。あれから20年が経って、私はテクモではなく、またヴァルハラでもない、私自身の会社、板垣ゲームズを立ち上げました。私はMSが今もなお、アグレッシブであることは知っています。もし彼らが、私の新しい会社に声をかけるのであれば、それはもちろん私にとって光栄なことです。

 Xboxの計画名が「プロジェクトミッドウェイ」だったって話まで持ち出しちゃう辺りが本当にアレですね。

 MSが買収してくれるならホイホイついて行きそうな事も言っていますが、とはいえMSが“日本のスタジオを傘下に”納めるならこの辺が適当な所でしょうか、何しろ何の成果も得られなくとも誰も何とも思わないでしょうし。

DEATHLOOP【予約特典】ゲーム内アイテム コード封入 【CEROレーティング審査予定 (「Z」想定) 】
・PS5 5/21 DEATHLOOP【予約特典】ゲーム内アイテム コード封入 【CEROレーティング審査予定 (「Z」想定) 】
(Amazon)
 .