55452Jyuusan
 面倒くさいので過去のインタビューや抱負と被ってるネタは省略…というのも不親切ですし、自分自身どこまでが既出ネタか把握し切れていない所もあるので、今年(かそれ以降)の新作ネタは一応拾ってみようと思います。
スポンサーリンク


[ファミ通: ゲームメーカー44社の年賀状を一挙公開。年賀状と新年のお祝いメッセージをお届け【年始特別企画】]

 アイディアファクトリー(コンパイルハート)は「ネプテューヌ」シリーズ10周年を経て新ステージへ、と。
 春頃に驚きの展開を引っ提げて参上するようです。
 みんなが驚くというとXbox Series独占とかですかね…360の時にも何かやってたからあまり驚きでもないか。

 動きの鈍いアクアプラスですが、今年も何かしらタイトルのリリース予定はあるようです。

 任天堂の下請けのスクエニの下請けというイメージが強いアクワイアは温めてきた企画を続々発表予定との事、これは期待できませんね。

 アトラスは「十三機兵防衛圏」が1年間で30万本を突破と、順調に売上を伸ばしているようです。
 ヴァニラウェアの次回作に繋がる実績を残せたようですが、今後も更にロングテールで売れていくと良いですね。
 後は「Project Re:Fantasy(仮)」の続報もやっぱり予定されているっぽい?ペルソナシリーズ25周年企画もあるとか。

 エムツーは…「ウブスナ」の進捗は無さそうですね、いやその辺は井内氏のサイトでも書かれている話ですが。

 角川ゲームスは「Project Stella(仮)」の他新作にもチャレンジするそうです。
 “新しいゲーム機”向けにタイトルを発売するとの意気込みも。

 ガンホーは“新作を発表出来るかもしれない”駄目そうです。

 グランゼーラも“新しいタイトルの発表”を予定しているとのことですが…

 コーエーテクモは驚きの新作や「やっとか」と思って貰えるようなとっておきの新タイトルが準備されているとのこと。

 gen Designは「人喰いの大鷲トリコ」に続く新作を鋭意制作中との事で、2020年にはパブリッシャも決まり今年は開発規模を拡大するそうです。
 変な所がパブリッシャになってないと良いんですけどね、変なパブリッシャの具体的な一例は任天堂やMSです。

 フリューは「あ!」っと驚くような物をご用意しているとのこと。
 何しろフリューなのであまり期待は持てませんが。

 MAGES.は完全新作ADVの他多くの作品群が控えているそうです。
 そろそろコロプラの売上高ミルクレープになりますかね。

 やはりこの手の企画だと大手パブリッシャからはあまり大きな情報が出てこない印象ではあります、大きなタイトルに繋がる情報をこんな所で出されても…というのはありますが。

仁王 Collection
・PS5 2/4 仁王 Collection
(Amazon)
 .