55261SIE

 …と、英大手ゲーム誌Edgeのインタビューに答えていたそうです。
スポンサーリンク


[GamesRader+: Jim Ryan on claims that Sony is shifting away from Japan: "A lot of the commentary is inaccurate"]

 12/3発売のEdge誌第353号でインタビューに答えたSIEのJim Ryan社長兼CEO、PS5から日本でも×決定になった事や、Bloombergのヤベー記者こと望月崇記者や自称エース経済研究所こと安田秀樹アナリストが“ソニーは日本を軽視している”“ソニーは日本を見捨てた”とか騒いでいる件についてこれを否定。

 “ソニーの立ち位置として日本市場は非常に重要な位置づけであり続けています。私たちは日本のゲーム開発コミュニティとのエンゲージメントにここ数年で最も興奮しています。”

 とコメント。
 更に10年前の日本のデベロッパは携帯ゲーム(ケータイ、スマ含む)にシフトしているように見えていたが、ここ5年間でゲーム機、PlayStationに戻ってきたとも指摘。

 “PS4のライフサイクル後半には日本のパブリッシャからより高レベルなエンゲージメントが見られたが、それはPS5でも継続しておりさらに強化される”

 と話し、PS5ではPS4以上の国産タイトルラインアップが用意されると示唆。
 またFuture of Playで強調された8つのタイトルが国産だとも指摘し、

 “日本で米国と同日に(PS5を)発売すると発表したことでも分かるように、それはPS4の時とは違います。その記事(多分Bloombergのアレとか)は私も読みましたが、それは不正確な物であり、日本はPSにとって世界第2位の市場でありかつソニーの本拠地として我々にとって引き続き非常に重要な所です。”

 あともコメントしていたそうです。

 まあPS5の供給が需要に対して全然足りていない状況においては何と言われても文句は出るでしょうけど、PS4初期は様子見の傾向が強かった国内パブリッシャがPS5向けには当時より積極的に展開していることは間違いないんですよね。
 発表済みのタイトルでもスクエニからFFXVIにProject Athia、カプコンからはバイオ村にPragmata、MSに買収されて急転直下地獄に逆落としとなるかもしれませんがZenimax傘下のTangoからはGhostwire: Tokyoと…こうして考えると国内大手サード、K社はK社だから放っておくにしても、Xboxに釣られたセガと鈍臭いバンナムが目立ってますね。

 他の所にしてもコエテクの新規IP…500万本を目指すとか言ってる奴もPS5での発売はほぼ間違いないでしょうし、ファルコムもPS5向けに取り組んでいることは確定的と割と出たばかりにしては色々ソフトが出る目処はついているんですよね。

 ジャパンスタジオについてはどうでしょうか、前から書いている通り欧米目線でソフトを企画してもあまり売れる物ではありませんし、外注部門のXDEVに関してはSIEWWSの一環というよりはSIEJA側で独立してやった方が良いのかもしれないとは思っています。
 フォワードワークスはまさかよく分からんスマゲだけ作って死屍累々になるとは思いませんでしたが。
 アレでドブにぶち込んだお金でゲーム機向けのタイトルでも作れば良かったのに。

 Bloombergとかエース証券のアレらに関しては一々相手にしていてもきりが無いような気はしますが、年度内にPS4以上に国内でも全世界でも販売(出荷)すれば文句はないんですかね、前者に関しては販売(出荷)台数によっては1500万台から1100万台になると言った(※ソースはない)のが証明されたんだガーとか言い出しそうですけど。

仁王 Collection
・PS5 2/4 仁王 Collection
(Amazon)
 .