55118CPCPM
 その情報が正しいかどうかについては何とも言えない物がありますが、カプコンのお家芸であるアレについてはバイオVIIの一部コンテンツ独占契約とStadia向けのコンテンツ供給のみが明らかにされているそうです。
 当然他のプラットフォーマーともやっているはずなのですが、それが明るみに出ないとは中途半端な話ですね。
スポンサーリンク


[ResetEra: Capcom Ransomware Leak Thread REDUX: MH Rise + MH Stories 2 for PC, RE4 VR, MP shooter codenamed 'SHIELD,' unannounced project codenamed 'GUILLOTINE']

 カプコンが標的型のランサムウェアによる攻撃を受けて窃取された情報を公開されたくなければ1100万ドル相当の仮想通貨を支払えと脅迫されていた事件でカプコンはこの要求を拒否、これに対して報復として窃取された67GBに及ぶファイルが公開された…というのですが、その中には

・「バイオハザード ヴィレッジ」は来年4月発売予定で縦マルチに?更に体験版が発売前に配信される予定
・バイオハザードのマルチプレイヤー版、プロジェクトハイウェイ及びヴィレッジが開発されており、これはバトルロイヤル物になる?
・「逆転裁判」の新たなコレクションがPS4とNintendo Switch向けに計画…1-3と大逆転裁判の1-2?
・コードネーム「ギロチン」が2月に任ッチ向けに時限独占で登場、PS4/Xb1/PC版は5月
・「モンスターハンター ライズ」のPC版が2021年10月に発売予定、任ッチ版の体験版が1月か3月に配信予定
・「モンスターハンター ストーリーズ2」のPC版が2021年6月に任ッチ版と同時発売される見込みで開発中。オンライン協力プレイと対戦要素、DLC拡張に対応、amiiboにも対応
・「バイオハザード4」がOculus VR向けに開発中
・新たなマルチプレイヤーシューター「SHIELD」が配信者をターゲットに開発中
・「デビルメイクライ2」と「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」のソースコード
・Googleが「バイオハザード7」と「同8」をStadia向けに発売して貰うためカプコンに1000万ドルを支払い、SIEは「バイオハザード7」のVR対応、時限独占DLC、体験版独占に500万ドルを支払った

 といった具合で、一部のファイルは2018年付の物だった事からバイオ村の発売予定や対応プラットフォームの計画などが変更されている可能性もありそうだ、との事。

言うほど大きな漏洩はなかったですね。
 まこ8さんいう所の“開発は終盤”の“黄金郷”に纏わる情報でも出てきたら大スキャンダルだったのですが、ネットが繋がらない場所に隔離されていたりするのでしょうか。
 カプコン以外のプラットフォーマー(当然公開されたSIEとGoogle以外の)も脅迫されていて情報を伏せる代わりにお金でも払っていたりしたらそれはそれでゲハ的には面白くなるんですけど。

Devil May Cry 5 Special Edition
・PS5 Devil May Cry 5 Special Edition
(Amazon)
 .