54995AceHard
 任天堂が“直感的な~”と言い出したのは自分が提唱したからと言い出したりもしていますし、大分支離滅裂な事になっていますね。
 前からか。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.54997■■

[gamesindustry.biz japan edition: 【月間総括】次世代機前夜,PS5は2週間で45万台売り上げを達成できるか]

ライター:安田秀樹

以前も取り上げたが,次世代機の発売においては

最初に十分な量を供給する必要がある
2週間で45万台前後の販売を達成したハードで失敗した事例はない
初期に販売不振に陥ったハードはどのようなソフトでも挽回できない

ということは確かである。

 と自分のハードル設定を正当化させつつ、“ファミ通の集計だと2週間で39万台だったけど実際の実売数はもっと多い筈なんだガー”とか例外を設定させているのが笑いどころですね。

 後は考える経済研究所カウントですが、

 エース経済研究所では,過去のデータから見て,成功ラインを45万台前後と見ている。
 エース経済研究所が指摘する「大きい」「丸い」「白い」,そして「ゲーム機に見えない」という不安材料を吹き飛ばす素晴らしい結果になりそうだ。
 日本市場を無視し続けていると,SIEひいてはソニーに禍根を残すことになるだろうと,エース経済研究所では予想している。
 そして,この直観的という表現は,エース経済研究所において「ゲーム機の販売はデザインとスタイルで決まる」と指摘しているものとほぼ同じである。
 エース経済研究所が"形仮説"を提唱し,任天堂側と議論するようになって以降に登場したものである。
 質疑応答でも,エース経済研究所が指摘したが,最新の技術は量産性に問題があることが多く

 見る、指摘する、予想する、提唱したら任天堂が追従する経済研究所。
 遂に任天堂の主張すら自分(経済研究所)の後追いとか言い出すんだから凄いですよねこの人、でもってPS5の話をしていたはずなのに記事の〆がこれ。

 多くの人には任天堂は,「変わったことをやっている会社」に見えるのはやむをえないというところだろう。

 PS5のハードル設定の話は何処へ行ったんだよ。

 あとはかんたん論破ですね。

[当ブログ: [アナリスト]エース経済研究所の安田秀樹アナリストがPS4は3月末までに650万台売れると予想、ただし沢山の国で売ってるからと言い出す / [エースカン]エース経済研究所の安田秀樹アナリストが「PS4が成功する為には少なくとも初年度2000万台」と言い出す]

 エース田さん、PS4発売後…(国内発売直前)で大分売れ行きも想定しやすいだろう時期に“年度内650万台”と予測。
 実際の販売台数は760万台でした。

 そして国内発売後の3月に入ったタイミングでは“国内では初動で50万台を突破しないとビジネスとして上手く行かない”とコメント…そう、任ッチが売れなかったから下げてるんですよこの人、ハードルを。
 それで初年度(発売から一年?)で2000万台売れなきゃ駄目なんだガー、とハードルを上げたつもりになっていたようです。
 なおPS4は発売から1年度となる2014年度第3四半期までに2010万台を販売しています。

 あと“WiiUは2週で43万台売ったからPS4より~”みたいに言ってるのもUちゃんが完全死亡した現時点から眺めると面白い物言いだと思いますよ。

追記: そういえばこんな記事もあったんだった。
[当ブログ: [ハードルカン]“エースで安田秀樹アナリストは国内2週50万台販売出来なければ失敗確定と考えている”→ニシッチ失敗確定]
 これが今では2週で39万台だったけどもっと売れたから成功したんじゃないかな、ってなってるんだから凄いですよね。

[ソニー・インタラクティブエンタテインメント - ビジネス経緯]

 あとこの人、任天堂の質疑応答で最新技術の量産性ガーって指摘した、って書いてますけど、

[任天堂: 2020年度 第81期(2021年3月期)経営方針説明会 質疑応答](pdf)

Q6 任天堂の技術開発の原点は横井軍平さん(※)の時代にあると考えるが、宮本さん・高橋さん・塩
田さんに対して、それぞれの立場で面白さと技術開発のバランスをどのように考えているかお尋
ねしたい。
(※)横井軍平さん=任天堂在職中にゲーム&ウオッチやゲームボーイなどのゲーム機のほか、フ
ァミリーコンピュータロボットや『Dr. MARIO』等を開発した開発部の部長。故人。

A6 宮本:
過去に任天堂の開発部長を務められた横井軍平さんの「枯れた技術の水平思考」という言葉を聞
かれたことがあるかと思います。これは、開発者としても使いやすく、お客様にお買い求めいただき
やすい値段で大量生産が可能な既存の技術を用いて、かつてない面白さを新しいアイデアで実現す
るというものです。現在では最先端技術も利用するようになっていますが、技術をどのように使う
かという点において一番大切にしているのは、誰でも安心して直感的な操作で簡単に遊べるものを
作ることです。お客様が複雑な操作に戸惑われることなく使っていただけるように、活用可能な技
術を吟味して工夫するという開発姿勢を任天堂は非常に大切にしてきています。

 明らかに“指摘”していない上に、量産可能な~と話しているのはハード畑じゃない宮本茂フェローっていう。

 “安田新作来てるじゃん”
 “お、エース安田の勝ち確記事じゃん”
 “安田PS5のこと本体サイズぐらいしか知らないのに記事書かないでくれないかな”
 “なんで任天堂の話を語り出すんだ”
 “多根、望月、エース安田”
 “エース安田PS5触ってないの?”
 “安田は形が大事でIPは売上に関係ないっていってるけど、PS5より小さい箱が負けたらどんな言い訳するんだろ。形こそ全てなんだろ”
 “体積でいうとPS5と箱(※SX)は殆ど変わらないぞ”

 サイズが売上で一番重要だ、っていうんだったらXSSが一番人気じゃないとおかしいんですよね、実際には明らかに一番人気なしですけど。

追記: 何故か任天堂決算説明会質疑応答の一部漢字が文字化けてしていたので訂正しました。

 ・NISHI(ニシ・スポーツ) アジャスタブルハードルT6932S (Amazon)

Marvel
・PS5 11/12 Marvel's Spider-Man: Miles Morales Ultimate Edition 【早期購入特典】T.R.A.C.K.スーツ/スパイダースーツ第2弾/「グラビティウェル」/追加スキルポイント(封入)
(Amazon)
 .