54960GamingRADEON
 なお、事前のリークがある程度当たっていた物か何れのモデルもブーストクロックが2.1GHzを超えています。
スポンサーリンク




 AMDが日本時間本日未明に開催した発表会においてRADEON RX6000シリーズのビデオカードを発表。

[AMD: AMD Radeon RX 6000シリーズ・グラフィックス・カード]

 RX6800/6800XT/6900XTは搭載するダイ自体は一緒でアクティブになっている演算ユニット(CU)数やTMU/ROP数と動作クロックが違うという扱いですかね。
 搭載するメモリは何れのモデルも16GBのGDDR6で、メモリ帯域は512GB/s。
 演算性能は6800が60CUを1815MHz、ブースト時2105MHzで動作させ16.17Tflops、6800XTが72CUを2016MHz、ブースト時2250Mhzで動作させ20.74Tflops、6900XTが80CUを6800XTと同じ周波数で動作させ23.04Tflops…
 消費電力(TDP)は6800無印が250Wで他2つが300W、価格は6800が579ドル、6800XTが649ドル、6900XTが999ドルと発表されています。

 今回の発表ではゲーミング性能に重きを置いていたようで、何れのモデルもライバルとなるんびぢあのRTX3000シリーズ等に比べて低消費電力、低価格でありながら多くのタイトルでより性能が発揮できるとアピール。
54960GamingRADEON1
54960GamingRADEON2
54960GamingRADEON3
 一方、新たに対応したレイトレーシング性能についての比較はしなかったため、その点ではRTXに譲るという情報が正しそうです。

 発売日は6800と6800XTが11/18、6900XTが12/8予定とされています。
 日本国内については分かりませんが。

 PC向けのビデオカードとして考えた場合、ライバルとの比較ではなかなかの物ですね。
 やはりPS5と同じタイミングで出てくるとコストパフォーマンスが、という部分はありますが。
 どうしてもPS5の超高速ローディングは真似できない物ですし。

Godfall(ゴッドフォール)通常版【初回限定特典】ボーナスデジタルコンテンツ付
・PS5 11/12 Godfall(ゴッドフォール)通常版【初回限定特典】ボーナスデジタルコンテンツ付
(Amazon)
 .