54849FivePSHeater
 ちょうど一個前の記事で日経のインタビューを取り上げているのは間が良いんだか悪いんだか、そこの説明にもある通りシールドに熱を逃がす構造になっているんですよね。(おわり)
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.54851■■

 本当に終わると記事短すぎって文句もつけられるし出典も明記していないので一応埋めておきますか…

DF「PS5は内蔵SSD逝ったら交換修理だし拡張SSDも冷えねーだろコレ」
https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1602732726/


 とかいう記事が立っていたのですが、本当に言っているのかと思ったら言っていた。

[Eurogamer: PlayStation 5 teardown: how Sony balanced build cost with performance]

And why it's so large.

By Richard Leadbetter. 14/10/2020

The teardown also affords us a look at the SSD - built into the motherboard with the controller chip surrounded by NAND flash modules. The 5.5GB/s of raw bandwidth (even before factoring in the additional boost offered by hardware decompression) is a matter of record now - my only concern being that repairability and durability of SSDs are still something of a question mark. A defective console SSD basically makes repair impossible, beyond returning the unit to Sony. The M.2 storage expansion bay is also revealed - this is where the latest generation of PCIe 4.0 NVMe drives should have the requisite bandwidth to match Sony's internal solution, allowing off-the-shelf SSDs to be added for extra storage. The upgrade procedure looks simple enough, but these drives can get hot and I do wonder how the system aims to cool them - it's not clear from this video how this achieved.


 まあEurogamerも一枚板ではないわけですが、

 “SSDに問題が生じるとゲーム機自体をソニーに送って修理する以外にないのではないか”
 “M.2スロットへのSSD増設手順は簡単に見えるが、(本体内蔵を含む)それらのドライブを冷却するにはどうするかが分解動画では明らかにされていないのだガー”

 ってのはどうかと思いますよ。

 内蔵ストレージが故障した場合に本体毎修理に出すしかない、それは事実ではありますけど、内蔵ストレージを持つ全てのハードに共通する問題ですよね。
 任ッチとXSX|Sもそうですし、何ならWiiUやXb1だって同様でしょう。
 PS4のストレージが着脱可能だからといってHDDだけ修理に出す人はいないでしょう普通?そもそも受けてもらえるかも不明ですが。



 後はSSDの冷却云々ですね、基板を持ち上げた直後に綺麗な物に差し替えられているので確認できる時間が短いですが、分解した直後の場面でSSDのNANDフラッシュメモリモジュールに熱伝導材が塗布されていることが見て取れます、これは両面ともですね。(B面の右奥、A面の左下)
54849FivePSHeat10
54849FivePSHeat11

 増設用M.2スロットのSSD冷却はどうすれば良いのかについては不明ですが、恐らくはファンの空気もその辺を流れるようになっているでしょうし、高さ何mmまでのヒートシンクを装着することを推奨する、みたいな条件は付くのではないでしょうか。

 実のところ増設SSDの冷却がより問題になりそうなのがXSX|Sなんですが。



 “拡張ストレージカード”のスロットは2分割された基板の内、SoCとメモリが搭載されたものの裏側に搭載されているわけですが…

54849FivePSHeater1
54849FivePSHeater2
54849FivePSHeater3
 見ての通りスロットは基板とシャシーの間に挟まれ窒息状態で、それ自体もケースに入っている拡張ストレージカードは“カード本体”→スロット→基板とシャーシ”にそれぞれ隔てられている訳です。
 そりゃ“Fxxking Superhot!!!”にもなるってものですよね。
 恐らくは拡張ストレージカードスロットの近傍…メイン基板裏面にあると推定される内蔵SSDがきちんと冷えるかどうかも疑わしい物ですし。

 この手の話でやり玉に挙がるのはPSばっかりだなという印象もありますが…
 一定の比率で機械的な故障が発生するHDDに比べると不良率は下がるのではないでしょうか。

Samsung 980 PRO 1TB PCIe Gen 4.0 x4 (最大転送速度 7,000MB/秒) NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V8P1T0B/EC 国内正規保証品
・Samsung 980 PRO 1TB PCIe Gen 4.0 x4 (最大転送速度 7,000MB/秒) NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V8P1T0B/EC 国内正規保証品
(Amazon)
 .