54644SuperM
 任ッチで“レボリューション”した次の作品が初週販売本数1/3近くにまで減少するサードの売れないハードがあるらしいですね。
スポンサーリンク


[ファミ通: 【ソフト&ハード週間販売数】『スーパーマリオ 3Dコレクション』が21万本セールスで首位! 2DS生産終了の発表を受けハードの販売台数にも変動アリ【9/14~9/20】]

 3DSの販売台数ガーといいますが、その最期もちょっと寂しい物でした。

●ソフト

1 (Ne).Switch : スーパーマリオ 3Dコレクション                   / 21万0136本
2 (1 ).Switch : リングフィット アドベンチャー                   /    48826本(累計157万6270本)
3 (2 ).Switch : あつまれ どうぶつの森                           /    32097本(累計572万4253本)
4 (Ne).PS4    : eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE /    26215本
5 (Ne).Switch : プロ野球 ファミスタ 2020                        /    15129本
6 (3 ).Switch : マリオカート8 デラックス                        /    13094本(累計317万0755本)
7 (5 ).Switch : 世界のアソビ大全51                              /     9572本(累計 38万1612本)
8 (Ne).Switch : アズールレーン クロスウェーブ                   /     7413本
9 (10).Switch : ポケットモンスター ソード・シールド             /     6887本(累計373万8336本)
10(9 ).Switch : 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL              /     6288本(累計383万717本)

 首位に立ったのは新作の「スーパーマリオ 3Dコレクションで21万本を販売。
 腐ってもマリオというか腐ってるマリオというか、マリオデの半分足らずですね。
 任ッチの名目上の累計販売台数はその頃とは比べものにならないぐらい増えているはずなのですが。
 げはらぼを抱えるソフバンメディアが“昨年度はPS4が売れなかったからソニーは地獄!”とか言ってましたが、あれはこういう売り続けないと持ち前の稼働率の低さが覆い隠せなくなる任天堂ハード基準での考え方なのでしょう。

 続いてはウイイレ2021年アップデートが4位にランクイン。
 昨年発売されたものにアップデートDLCを適用した物でしたっけ、それでも下の一応完全新作より遙かに売れているわけですが。

 「プロ野球 ファミスタ 2020」は1.5万本と低調な出足に。
 2018年8月に発売された前作「プロ野球ファミスタレボリューション」は初週4.3万本売れた筈なんですけどね。(メディクリ)
 その頃に比べると任ッチの累計販売台数は3倍以上になっているのにこの惨状、さすが任天堂ハードだと感心しきりです。

 「アズールレーン クロスウェーブ」は0.74万本で8位に。
 2019年8月に発売されたPS4版は初週3.4万本を販売した訳ですが…
 撮影モードでカメラの制限を緩和しお布が見られるようになったとPRした上でこの売上、お布が欲しくて狂ったようにクレクレしているニシくんの実数が少ないという事なのでしょうか。

 後の旧作は任天堂ソフトばかり(のみ)ですが、任ッチハードが大幅増となった割には変動少なし。


●ハード

    Nintendo Switch       / 77846台(累計1262万0403台)
    Nintendo Switch Lite  / 32183台(累計 264万6571台)
    Newニンテンドー2DS LL /  5209台(累計 173万6344台)
    PlayStation 4         /  1423台(累計 764万5602台)
    PlayStation 4 Pro     /   378台(累計 157万3528台)
    Newニンテンドー3DS LL /    63台(累計 588万8554台)
    Xbox One X            /    18台(累計     20819台)
    Xbox One S            /    13台(累計     93544台)

 Nintendo Switchシリーズが引き続き首位で、前週比2.6万台ほど増えているのですが先述のように定番タイトルの動きは鈍い。
 ハードの売り上げがソフト購入者と直結していない貿易/横流しハードの特性がでていますね。
 なお前年同週比だと半分未満です。

 3DSシリーズは全モデル生産終了との発表を受けて大幅増、とはいうものの既にNew3DSLLは市中在庫が無く98%以上がNew2DSLLだという、おまけに大幅増加しても5千台ぐらい。
 売りの裸眼立体視とは何だったのかという結末ですね。

 PS4シリーズは前週比でやや減少、PS5の予約合戦に耳目が集まっていますが、これPS5発売後に在庫の余裕出るんですかね。
 まあPS5発売後であれば、3万円あまり出してPS4買うならもうちょっと頑張ってPS5買った方が良いとは思いますが…売っていれば。

 Xb1シリーズは微減。
 誤差レベルですね。

FIFA 21【予約特典】最大3個のレアゴールドパック(毎週1個×3週) & カバー選手のレンタルアイテム(FUT5試合) & FUTアンバサダー選手ピック(FUT3試合の選手アイテム3個から1個を選択) 同梱
・PS4 10/9 FIFA 21【予約特典】最大3個のレアゴールドパック(毎週1個×3週) & カバー選手のレンタルアイテム(FUT5試合) & FUTアンバサダー選手ピック(FUT3試合の選手アイテム3個から1個を選択) 同梱
(Amazon)
 .