54589XSS
 正式発表後に開発者から文句が出てきたのはそれが上手く行きそうにもないからなんじゃないですかね。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.54593■■

[4gamer: “小さな巨人”「Xbox Series S」のテクニカルディテールが明らかに。開発者インタビューもお届け]
ライター:奥谷海人

 あれXSSの搭載SoCの顕微鏡写真公開されてた。
54589XSS1
54589XSS2

 これで197mm^2(XSXは360mm^2)らしいので、以前書いた記事でGPUがXSXの1/3、かつメモリインターフェイス(この写真だと下の虹色になっている部分)も四割となるとダイサイズは半分程度になるのでは、との予測が大体合っていたという事になりますかね。
 半分までは小さく出来なかったようですが。

 ちなみにPS5のSoCはGPUのCU数がXSXとXSSの中間で、GDDR6用のメモリインターフェイスは8つですからダイサイズはXSXのそれの八割程度ですかね、想定売価がPS5が400ドル+αなのに対してXSXが500ドル+α程度ではと推測したのもそこからですけど。
 +αというのは製造プロセスの微細化に伴うダイコストの上昇と、ストレージにSSDを採用した事によるコスト増を考えるともうちょっと高くなるかと考えた物です。
 それが+100ドルと結構高かった訳ですけど。

Q:2つの異なるスペックを持つハードウェアを同時にサポートするゲームデベロッパの中からは,オプティマイジングなどに対する作業の増加についての不安の声も聴かれます。これは,実際問題として想定されていることでしょうか?

A:Xbox Series XとXbox Series Sは,すでにこのプラットフォームでゲームを開発しているデベロッパたちの声を第1に汲み上げ,彼らのフォードバックに影響を受けてデザインされたものです。双方のゲーム機で,CPUとI/Oパフォーマンスの劇的な向上を達成しており,旧世代より遥かに変革した新世代のゲーム体験に進化させることを可能にしています。また,どちらもDirectXレイトレーシング,可変レートシェーディング,サンプラー・フィードバック・ストリーミングなど,同じ次世代機能をサポートしています。その結果,Xbox Series XとXbox Series Sの両方でまったく同じ開発環境とツールを使用できます。
 我々は,ゲームデベロッパの皆さんにはXbox Series Xを念頭に置いたゲームのデザインと開発を行ってもらい,今日一般的に利用されている動的解像度スケーリング(Dynamic Resolution Scaling)などの手法を用いてXbox Series Sの解像度に調整していただくことを期待しています。それによって,Xbox Series Xの全てのパワーを利用しながら,双方のゲーム機や前世代にも対応してもらえるからです。


Q:Xbox Series Sのメモリ容量はXbox One Xよりも少ないようですが,これが旧世代タイトルの互換に問題をきたす可能性はありますか? 例えば,Xbox Series Xならプレイできるが,Xbox Series Sはプレイできないといった問題です。

A:Xbox Series Sは,Xbox One Xではできなかった形で旧世代のゲームを効率良く処理することが可能です。CPUとGPUを合わせたパフォーマンス上の性能はXbox Series Sが2倍ほどに達しており,Xbox Series SでXbox One対応のゲームをプレイした場合も,そのフレームレートは2倍ほどを示しています。また,プラットフォームレベルでは,Xbox Series Sは向上したテクスチャーフィルタリング,より高速なローディング,そして自動HDRといった,旧世代では不可能だったエンハンスメントにも対応しています。個々のゲームソフトの改善状況はソフトウェア開発者のサポートにもよりますが,ローンチが近付くにつれて,より詳細についてお伝えしていけるかと思います。

 “質問と答え全然意味通ってなくない?”
 “ご飯論法ですね”
 “開発者に丸投げwww” 
 “支離滅裂で草も生えない”
 “これは質問にはお答えできませんって事”
 “「この素晴らしい箱Sなら最適化なんて訳ないだろ?」って言ってるようにしか聞こえない”
 “サードはもうXboxハブっちゃえ”
 “岩感のある支離滅裂な回答”
 “上の回答はボタンぽちーで変換できるからへーきへーき、って頭悪い回答なんだろうけど、二番目は完全にはぐらかされてんな”
 “ショボい方に対応するようお願いとか”
 “現場からは不満はあれど楽だったみたいな感想が出てこないのがヤバい”

 この記事、“HD/60fpsモニタならXSSでもXSXと変わらない体験が出来る”とか無駄にマイクロ忖度してるんですけど、そこまでしてXSSを持ち上げる意味ってあるんですかね。
 XSXはmost powerful consoleとか言ってた連中が軒並み道化と化したんですが。

 この先の展開ですか…縦マルチのソフトはXb1版を高解像度化するなどしてXSX|Sに対応させ、その後はXboxハブってPS5専用にするって事で良いんじゃないでしょうか。
 それがどのサードも出来るぐらい圧倒的な販売台数差が付くと良いんですけどね。

アサシン クリード ヴァルハラ 【初回生産限定特典】「狂戦士のあり方」プロダクトコード 同梱
・PS4 11/10 アサシン クリード ヴァルハラ 【初回生産限定特典】「狂戦士のあり方」プロダクトコード 同梱
(Amazon)
 .