53657YearPhone
 というわけで、(ソニーの)左右独立接続型完全ワイヤレスイヤホンにも手が届きやすくなったみたいですね。
スポンサーリンク


[ソニー: 防水※1・防塵※2性能とノイズキャンセリングを両立したスポーツ向けヘッドホン『WF-SP800N』 ~EXTRA BASS™シリーズの『WF-XB700』も加わり完全ワイヤレス型のラインアップ拡充~]

※1:あらゆる方向からの水の直接噴流によっても本体機能を保護します(IPX5相当)。音導管部分は防水ではないため、水が入った場合は水抜きが必要です。また、『WF-SP800N』の場合、充電ケースは防水非対応です。
※2:塵埃(じんあい)が入った装置に8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに通信端末の機能を有し、安全を維持することを意味します(IP5X相当)。充電ケースは防塵非対応です。

 防水対応の完全ワイヤレスイヤホンスポーツモデル「WF-SP800N」は6/27発売予定、推定価格は26400円程度。



 WF-1000XM3で採用された物とほぼ同じ左右独立接続に対応するモデルで、ノイズキャンセリングや外音取り込みに対応。
 音はハイエンドモデルほどではないでしょうけど、WF-1000XM3は防水じゃないから夏場やスポーツの時には使いにくいという人にも良さそうですね。

 「WF-XB700」は上記モデルからノイキャンを省き防滴に抑えたモデルで6/6発売予定、推定価格は16500円程度。



 タッチパネルではなくボタン操作となっていますが、そちらの方が好きという人もいるでしょうし。
 ソニーの左右独立接続対応イヤホンとしては今のところ最も安いモデルとなるはずです。

 重低音を重視したXBシリーズで、かつSP800Nと異なりイコライザ調整に非対応な辺りは音質面で好みの分かれそうな所ですが。

 この他、オーバーヘッド型でノイズキャンセリングに対応しつつ価格は15400円と安めの「WH-CH710N」や、ネックバンド型で防水対応、それでいて価格は9900円程度の「WI-SP510」も6/6に発売予定と発表されています。

 ポータブルオーディオのワイヤレス化は世の流れですが、PS5と組み合わせるのに適した低遅延無線ヘッドホンとかも出てきたら良いですね。

 ちなみに“ソニーでは”と書きましたけどQualcommチップで同社のTWS Plusに対応するイヤホンならもっと安いのはあるんですよね。
 Qualcommが何を考えてるのかよく分かりませんがSnapdragonの、しかも有料でオプションを有効にしたスマじゃないと使えないという制限があるものだから汎用性が低いという割と致命的な欠点があるのですが。

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル / マイク付き /ブラック WF-1000XM3 B
・ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル / マイク付き /ブラック WF-1000XM3 B
(Amazon)
 .