53047MHWI
 昨年末時点から180万本を上積み。
 任ハードの全モンハン超えちゃいましたね。
スポンサーリンク


[カプコン: 超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が全世界で500万本を突破! ~ゲームへの高い評価を背景に、全世界で堅実に販売を伸長〜]

株式会社カプコンは、PlayStation®4、Xbox One注1およびPC向けゲーム『モンスターハンター:ワールド(以下ワールド)』の超大型拡張コンテンツ、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』を全世界で500万本出荷注2しましたのでお知らせいたします。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。2004年の第1作発売以来、ネットワークを介して「他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑む」というプレイジャンルを確立し、シリーズ累計販売本数6,200万本(2020年3月13日現在)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。2018年1月には『ワールド』を発売し、継続的なアップデートによる既存ユーザーの継続率振興に加え、ストーリークリアに役立つ武器や装備の無料配信を行い、離脱ユーザーの復帰促進や新規ユーザーの参入を後押ししたことで、当社史上最高の1,500万本を達成(2020年1月2日時点)するなど、今なお世界中でブランド価値を高めています。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、『ワールド』の超大型拡張コンテンツ(有料)です。新たなフィールドやモンスターをはじめ、新規アクション、クエストランク等が追加され、『ワールド』のエンディング後の物語が展開されます。同作は2019年9月の発売後にレビュー集積サイトで高い評価を獲得、同年12月には日本を含むアジア地域でヒットしたタイトルを対象に送られる「PlayStation® Awards 2019」にて「PlayStation™ Network Award」をはじめ3賞※を受賞するなど、全世界で高い注目を集め、着実に販売本数を伸長した結果、累計販売本数500万本を達成しました。※『モンスターハンター:ワールド』の受賞を含む

注1 Xbox One版発売地域は北米・欧州のみ

注2 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(ダウンロード版販売数)および『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』※(ディスク版出荷数とダウンロード版の販売数)の合計数

※ゲーム本編『モンスターハンター:ワールド』+超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の同梱商品

 最初に書いた通り年初来180万本増えているので、PS4版の上積みは当然あるのでしょうがPC版も二割ぐらいは貢献しているのかもしれません。

 カプコン側はちょっと販売計画が前傾過ぎたので売り方をもうちょっと考える、みたいに言ってましたが無印MHWのエンドコンテンツとしては相当売れている方だろうと思います。
 ただ、DLCとして売るならクリア前提じゃなくてもっと初期からも遊べるものだった方が良かったのかもしれませんね。

モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック
・モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック
(Amazon)
 .