48629MSkessan
 ソニーの2019年3月期第1四半期決算の発表は7/31を待つ必要がありますが(任天堂も同じ日に決算発表予定)、前年度と同程度の売り上げとなればタイトル通りMSのゲーム関連事業の1.5倍程度にはなるでしょう。
 任天堂が前年同期比と同程度の売上高ならそれを1.5倍ぐらい上回るぐらいですかね。
スポンサーリンク


[Microsoft: Earnings Release FY18 Q4 Microsoft Cloud Drives Record Fourth Quarter Results]

 MS全体の第4四半期単独売上高は前年同期比17%増の301億ドル、営業利益は35%増の104億ドルなどとなっています。
 通年の売上高は前年度比14%増の1104億ドル、営業利益は21%増の351億ドルなど。
 ただし何かで税額が前年度より大幅に増えており、純利益は前年度比35%減の165.71億ドルとなっています。

 相変わらず滅茶苦茶な利益率ではありますが、Office製品の年間契約サービスやクラウドサーバー辺りが順調みたいですね。

 ゲーム事業は第4四半期単独では売上高が39%増の22.86億ドル、Xboxのソフトとサービスの売上高は36%増。
 これは主にサードパーティのタイトルが強みをみせたためとされているので、あまりWindwos10関連のゲームは役に立ってないみたいですね。

48629MSkessan1
48629MSkessan2
 MSの主要3事業の内、Productivity and Business ProcessesとIntelligent Cloudは順調に成長を続けると共に高い利益率…売上高の1/3を超える高水準となっているのに対し、

48629MSkessan3
 ゲーム事業が含まれるMore Personal Computing事業はWindowsのOEMや一般向けクラウド関連など利益率が極めて高いだろう事業を含んでいるのに上記2事業ほどの利益率ではないようです。

48629MSkessan4
 ゲーム事業はアクティブユーザーが増えたよ、というのですがこれXb1とWindows10の他にモバイルも含んでるので多分Minecraftのスマ版を数えてる。

 売上高が伸びたとは言っても結局Xboxのハード出荷台数、ソフト出荷本数は不明で詳しい損益についても明らかにされていませんし、内実は引き続き厳しい物がありそうです。

Battlefield V (バトルフィールドV)
・PS4 10/19 Battlefield V (バトルフィールドV)
(Amazon)
 .