.
[概要等]

・表紙は「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」水着イラスト(付録PSVitaテーマにも使用)、表2見開き広告も日本ファルコム
・表4広告は「ドラゴンボール ゼノバース2」、表3は「バレットガールズ2」

・連載企画「電撃PS VR Club」スタート
 4号連続の応募券を集めて応募すると3名にPSVRをプレゼントとの企画も。

・DLC付録「イースVIII」PSVitaテーマ、「討鬼伝2」オリジナルミタマ“愛姫”、「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution」ゼムリアストーン、「クロバラノワルキューレ」アイテムセット、など

・付録四コマ小冊子


[ゲーム情報]

■巻頭特集:PlayStation Indies
PS4「No Man's Sky」
 その他今般の注目インディータイトルを紹介しています。

PSV「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」
 攻略&日本ファルコム35周年記念企画。

PS4「東亰ザナドゥeX+」
 伊吹遼太(阿部敦)がプレイアブルキャラに、適格者では無いのでXストライクなどが使えないがクリティカル率が高いとの事。
 近藤社長が閃の軌跡IIIの対応プラットフォームなどについて語ったりもしているインタビューについてはちょっとだけ別記事にて。

PS4PS3PSV「討鬼伝2」
 発売記念特集、攻略スタート。付録DLCの愛姫については声優の高槻かなこさんのコメントも。
 開発者インタビューも掲載(後日PS.Blogで公開予定とのこと)。

PS4PSV「フィリスのアトリエ~不思議な旅の錬金術士~」
 新たな仲間「アングリフ・ダールマン」(楠大典)が公開、55歳の屈強な傭兵。
 新たな町や村、またがって飛ぶ乗り物なども。
 各地の町や村に暮らすNPC達も4人が公開。

PSV「限界凸旗 セブンパイレーツ」
 発売直前という事でモタ氏描き下ろしイラストや、序盤の展開、ゲーム情報まとめ。

PSV「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」
 ネプテューヌを始めとしたコンパイルハートキャラクターのオールスター、で基本無料のカードバトル。
 システムは簡単にしか紹介されていませんが、オリジナルのヒロインも登場、別記事にて。

PS4「龍が如く6 命の詩。」
 発表会で出ていた情報の他、名越氏コメントも。広島を選んだのは神室町とのコントラストを出す為とも。

PSV「デモンゲイズ2」
 デモン合体技(強力だが数ターン無防備)、デモン捧げてアイテム入手(その戦闘でそのデモンが使えない)、といった新システムの情報が公開、新たなNPCなども。

PSV「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」
 泉ディレクターへのインタビューが公開、魔女百開発のノラが解散となり、日本一ソフトに戻って一年ぐらいしてから手がける事に、魔女百リメイクと魔女百2は別スタッフが担当する事となったので、新作としてルフランを手がけたとか。

PS4「アイドルマスター プラチナスターズ」
 付録冊子にゲーム情報が掲載、坂上Pインタビューも。正式に開発が始まったのはOFAの後なので、開発期間は2年ほどだったとか。


[レビュー]
 敬称略。(赤)はレビュアーのお勧め。

●Part1
 レビュアーは左からophion、Ak、城イドム、ゲスト。

 PS47/28 討鬼伝2 [ 90(赤) / 95(赤) / 85 / 95(ユート、赤) ]

・進化はオープンワールドだけで無くアクション性もアップ
・NPCが優秀
・海外オープンワールドほどの物量では無いが、世界の広がりが感じられる
・やり込み要素も膨大
・NPCとの共闘感や物語が洗練されている
・ハンティングアクションの新時代を見せてくれた

 PSV8/4 限界凸旗 セブンパイレーツ [ 80 / 85 / 65 / 85(BEN) ]

・ストーリーの危機感は従来のシリーズより緩め
・パイ育を行った回数(実質レベル)が分からないのが不便だがバトルでは詰まない
・このシリーズらしさを期待する人は満足出来る
・RPG部分は手堅い…パイ育ゲーム
・RPGとして考えると物足りないが、ギャルゲーとして考えると+15点(城)
・バトルの3すくみを理解していないと全滅する事も、やや大味
・パイが自分好みに育成出来るのが楽しい
・理想型のパイを追求出来る
・パイへの熱意と愛情が感じられる一本
・この夏はパイ育に情熱を注いでは

●Part2
 レビュアーは左から梅津爆発、長雨、る~ぱ、AO。

 PS48/3 真・三國無双 英傑伝 [ 80 / 90(赤) / 85 / 90(赤) ]

・想像以上に無双しているSRPG
・成長要素が武将個別では無い、一度に戦える武将が少ないのは不満
・独自の「共鳴」システムが便利で強力、発動タイミングに悩む
・新キャラクターも個性的
・SRPGながら、敵を一掃する無双シリーズの爽快感が組み込まれている
・ステージ毎に難易度設定が可能なのでクリア自体は楽
・「無双」らしく敵が非常に多いので、どう一掃していくかといった普通のSRPGとは違うプレイも可能


[次号予告]

・8/10発売

・冊子付録「テイルズオブベルセリア」
・特集「ファイナルファンタジーXV」
・攻略「討鬼伝2」ミタマ“斎藤きち”DLC付録
・企画「ペルソナ5」


龍が如く6 命の詩。
・PS4 12/8 龍が如く6 命の詩。
(Amazon)

電撃PlayStation (プレイステーション) 2016年 8/11号 Vol.619 [雑誌]
・電撃PlayStation (プレイステーション) 2016年 8/11号 Vol.619 [雑誌]
(Amazon)
 . 
スポンサーリンク