34067YuukiELHMD0
 シアター型というのかどうか…適当に書きましたが、テレビや映画などのコンテンツを映す用途の、視野角が限定的なものですね。
スポンサーリンク


[AV Watch: ソニーのHMD「HMZシリーズ」、“選択と集中”で生産終了。Morpheusなどは開発継続]

 Impressが報じたところによると、ソニーはHMZ-3シリーズの生産を終了させ、“このタイプ(有機ELマイクロデバイスによる視野角限定型)の HMDは当面開発を見送る”と発表する一方で、子会社のSCEが開発しているVR HMD「Project Morpheus」や透過型のメガネ型HMD「SmartEyeGlass」、医療機器向けにHMZシリーズの技術を転用したHMDについては開発を進め るとの返事があったそうです。

 1080p対応の有機ELマイクロデバイスディスプレイが開発されたというので後継機の登場に期待していたのですが…残念ではありますね。
 現時点での最終型となった「HMZ-T3」シリーズはワイヤレス接続にも対応し画質も改善されたのですが、一方でワイヤードモデルでもHMD本体を駆動 させる為にバッテリユニットが必要になるという本末転倒感があり、私も結局HMZ-T2から買い換えるには至りませんでしたし。
34067YuukiELHMD1
34067YuukiELHMD2

 ただ、これで終了してしまうとなると貴重なモデルではありますし、急いでT3W辺りを確保したものか…と考えてはいるのですが。
 まあこのタイプの理想型、8K4Kよりも高解像度で水平視野角90度程度のTCXシネスコ対応HMD、視野角が広すぎてきつい場合に45度にクロップしても4K解像度を確保みたいなHMDがこのままだと作られない事になるので、ってまあ無理ですね。
 VR HMDが16K8Kぐらいに対応する方が先かもしれません。何十年後の話かは知りませんが。

ソニー 【ワイヤレス対応】ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer" HMZ-T3W
・ソニー 【ワイヤレス対応】ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer" HMZ-T3W
(Amazon)
 .