54182LevelFive
 任プラで投げ売りしてでも本数を稼がないとならない理由でもあるんですかね。
スポンサーリンク


[任天堂: 2020年 上半期ダウンロードランキング TOP30]
54182LevelFive1

 上半期にも投げ売りセールを実施したことで、任天堂eショップの2020年上半期DLランキングの9位に二ノ国白(リマスターではない)とレイトンがランクインしたレベルファイブ。

[レベルファイブ - サマーセール]
54182LevelFive2
54182LevelFive3
54182LevelFive4

 そうしなければならない理由でもあるオンかどうかはよく分かりませんが、再び任天堂プラットフォーム限定での投げ売りセールを実施するという。

 欧米の大手パブリッシャがAAAタイトルを大幅に割引するのはリクープ済みタイトルであるという事と、ゲーム本体の販売よりゲーム内課金要素の売上の方が大きいからというのがあったりするわけですが、レベルファイブの場合は作っているタイトルの傾向が任天堂辺りと被っていることもあって、こういうセールをするとブランドの切り売りにしかならないように見えるんですよね。

 スマ同発でスマ版の方がずっと安い、みたいなのも大概舵取りミスだったと思いますが、このまま進んでいくとどうなることやら。
 どうなることやらというか、何か岐阜ん一ソフトウェアみたいになっていっているような気がしてならないのですが。
 妖怪学園Yとかいうのも箸にも棒にもかからず終わりそうな気がしてなりませんし。

英雄伝説 創の軌跡 通常版【初回限定特典】『創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Selection-』
・PS4 8/27 英雄伝説 創の軌跡 通常版【初回限定特典】『創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Selection-』
(Amazon)
 .