53974CSRdou
 WiiDSの頃に比べると間違いなく任天堂のゲーム機に触れる人減ってるわけですが…
スポンサーリンク


[任天堂 - CSRレポート:社長メッセージ]

 年度別のパーマリングがない…毎年切り替わるので一旦全文を転載しますが、任天堂の代表取締役社長、古川俊太郎氏のメッセージが公開されています。

社長メッセージ 任天堂の商品やサービスを通じて
任天堂に関わるすべての人を笑顔にする
それが任天堂のCSRです


任天堂株式会社 代表取締役社長

古川 俊太郎

■任天堂IPに触れる人口の拡大

 任天堂は「任天堂IPに触れる人口を拡大する」ことを基本戦略に、企業価値の向上を目指しています。日常的な生活空間の中でもお客様が任天堂のキャラクターや世界観に触れる機会を増やし、任天堂のゲームで遊んだことがあるお客様だけでなく、これまで遊んだことがないお客様にも、任天堂を身近な存在として感じていただくことによって、世界中の数多くのお客様に任天堂を好きになっていただき、好きであり続けていただきたいと考えています。そのための試みの一つとして、2019年11月には、国内初の任天堂のオフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」を開店しました。国内における任天堂の情報発信の拠点およびお客様と任天堂との新しい接点となることを目指しています。

■任天堂に関わる人を笑顔にすることで持続可能な未来を実現する

 任天堂は、「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする」ことを掲げ、2018年に3つの重点項目「お客様を笑顔にする」「サプライチェーンを笑顔にする」「社員を笑顔にする」を定めました。これらの重点項目について、海外子会社を含めグループ全体で取り組んでいます。
 例えば、お子様のゲームプレイ状況を見守ることができる無料アプリ『Nintendo みまもり Switch』は、お客様に安心してゲームをお楽しみいただけるようサポートする取り組みの一つです。また、専用の段ボールとソフト、および「Nintendo Switch」を組み合わせて、いろいろなコントローラーをつくって遊ぶ『Nintendo Labo』は、全米100の小学校に採用いただきました。さらに、2019年10月に発売した『リングフィット アドベンチャー』は、全身を使った運動で冒険を進めていくフィットネスアドベンチャーゲームで、性別や世代、過去のゲーム経験を問わず、幅広い層のお客様に遊んでいただいています。
 このようなゲームの枠にとらわれないユニークな商品は、「独創」の精神が根付き、育まれていく中から生み出されています。今後も、社員が自由にその力を発揮できる環境を維持していきます。加えて、高品質で安全な製品をお客様にお届けできるよう、生産パートナーの皆様とのコミュニケーションをしっかりと図っていきます。
 また、SDGsの推進をはじめとした持続可能な社会の実現に向けた社会的関心をしっかりと受け止め、任天堂も、商品や事業活動の特性を活かした取り組みで時代の要請に応えながら、持続可能な社会の実現に貢献したいと考えています。具体的な例として、環境面では、デジタルビジネスの拡大が廃棄物の発生量の削減につながり始めています。

■独創的な商品・サービスで、さまざまな人々を笑顔に

 任天堂は、お客様と良い関係を築き、持続できるよう長年努めてきました。任天堂はこれからも、「人々を笑顔にする娯楽をつくる会社」であり続けます。そして、遊べば圧倒的に面白く、かつ一目で面白さが伝わる、独創的な商品・サービスの提供を通じて、任天堂に関わるすべての人を笑顔にしていきます。

 任天堂に関わる人を笑顔にするとサスティナブルって見出しが割と意味不明ですね。

 あとタイトルで軽く触れた任ボール100校採用云々ですが、

[Nintendo US: Nintendo partners with Institute of Play to bring Nintendo Labo to schools across U.S.]

 2018/10/22のリリースですが、Nintendo Switch本体とニンテンドーラボToy-con01バラエティキットの配布に関する発表で、

Once the pilot is complete, the program will expand to approximately 100 schools across the United States.

 先行するプログラムが終了した後は配布対象を100校に拡大し…
 つまり上の“採用いただきました”はバラ撒いた自慢なだけだという。

 後は“任天堂IPに触れる人口の拡大”ですか。
 これについては前々社長が“ゲーム人口の拡大”みたいな大口を叩いていた所からWiiUの大爆死で後退してからそのまんまになってますね。

 任ッチ本体は思ったより売れているとは言えますし、WiiU3DSと同じぐらいには“任天堂IPに触れる人”を維持できるかもしれないとは言えるんですけど…
 でもそれって、簡単に本体にMODを入れられるぐらいセキュリティガバガバの本体をゲームを買う文化が根付いていない国に“貿易”する事で達成できている事ですよね。
 通常の“ソフトメーカーさん”のサイクルにおいてはゲームソフトが開発されて、それが売れたら次のソフトが開発できるという事を考えるとソフトが売れない任天堂ハードがそのままになっているというのは歪な状況であり、ゲーム産業にとっての“持続可能な未来”には繋がらないようにも思えるのですが。

 任天堂はよく“ハード・ソフト一体型のビジネス”が自社の強みみたいな事を言っていますけど、その結果が現状に繋がっているのだとしたらそれはやはりゲーム産業にとっては問題ではないでしょうか。

 だからPSVita後継機となるPS携帯機第3世代モデルPSP3(仮)が必要とされる状況は間違いなく存在しているって何度も何度も書いているんですけどね。
 やっぱり携帯も一応出来るゲーム専用機がアレだけってのは問題あるでしょう。

Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ) 【早期購入特典】デジタル ミニサウンドトラック ・「仁」ダイナミックテーマ ・「仁」アバター(封入) 【CEROレーティング「Z」】
・PS4 7/17 Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ) 【早期購入特典】デジタル ミニサウンドトラック ・「仁」ダイナミックテーマ ・「仁」アバター(封入) 【CEROレーティング「Z」】
(Amazon)
 .