53598Atlusummy
 やはり武漢肺炎の影響もあってか、デジタルシフトが大きく進んでいるようですね。
スポンサーリンク


[セガサミーHD: 通期(2020年05月13日)決算説明会 - 主な質問](pdf)

Q︓ パッケージゲームは、売上成⻑やリピートの拡販は順調に進んでいると思うが、収益性の⾯ではまだ課題があると考えて
いる。パッケージゲームのマージンの適正⽔準がどの程度で、どうしたら達成できると考えているかを伺いたい。

A︓ 市場全体でデジタル販売⽐率が拡⼤傾向で、同じ本数を売った場合に、売上は減少しても利益が増加するという状
況が起きている。21/3 期が典型だが、20/3 期販売したタイトルがリピート販売として売り上がり、新作が少ない分、
開発費や広告宣伝費等が減少するため、売上は20/3 期⽐で下がるが、利益は上がる可能性が⾼いとみている。デ
ジタル販売は、販売スペースの問題もなく、ロングテールでの販売が可能となるため、デジタル販売⽐率の増加が今後
の収益改善につながるとみている。また、マイクロソフト社の「Xbox Game Pass」への「⿓が如く」シリーズの提供など、
マルチプラットフォーム展開も進捗しており、新規プラットフォームにおける展開も、準備を進めている。パッケージゲーム分
野単体で15%くらいの営業利益率を⽬指したい。


Q︓ パッケージゲームの海外におけるダウンロード販売が好調、との説明があったが、好調な個別タイトルのタイトル名、地域・
国、新作・リピートの好調の度合いの違いなどを伺いたい。

A︓ 新作では、世界中でサッカーリーグ開幕の遅れが起因しているのか、毎年出しているシリーズタイトル「Football
Manager」の最新作、『Football Manager 2020』では、通常シリーズで昨対での伸⻑が5%程度のものが、⼆
桁%くらい伸⻑している。「Total War」シリーズは20/3 期に販売した『Total War: THREE KINGDOMS』が引き
続き好調であるとともに、カタログを含めた全シリーズタイトルが好調に推移。「⿓が如く」シリーズは、『⿓が如く7 光と
闇の⾏⽅』の販売を契機に、過去のナンバリングタイトルの売上が伸びている。「ペルソナ」シリーズにおいても、『ペルソナ
5 ザ・ロイヤル』を欧⽶で3/31 に販売し、記録的な売上を達成した。パッケージ販売が制限される中でデジタル⽐率
が⾶躍的に伸び、21/3 期も引き続き好調に推移している。
国別では、まずイタリア・スペインで顕著に伸び、次にイギリス・フランス・アメリカなど、新型コロナウイルス感染症拡⼤の状
況に応じてか、週ごとに伸び率が変わっている状況が⾒て取れる。

 デジタルシフトはパンデミックに関わらず拡大傾向だった訳ですが、欧州においては武漢肺炎の影響でデジタル販売が顕著に増えたとの説明ですね。

 P5Rに関してはデジタル版がほぼ昨期の業績に関わってこない発売日となっていますが、記録的な売上という事であれば今後数字も出てくるのではないでしょうか。

ペルソナ5 ザ・ロイヤル
・PS4 ペルソナ5 ザ・ロイヤル
(Amazon)
 .