52923SXBX
 大した情報ではないのですが、流石にGDC後となるとリークを抑え込むのも難しいと思ったか。
 …といっても真偽不明の自称リークに溢れかえっていて、何が本当かを判断するのは難しい所ですが。
スポンサーリンク


[Xbox Wire: What You Can Expect From the Next Generation of Gaming]

・Zen2 CPUを搭載
・GPUアーキテクチャはRDNA2で12Tflops
・特許取得済みバリアブルレートシェーディング
 重要なキャラクターやえんばいろんめんとに演算性能を割くことで安定したフレームレートと品質が云々。
・ハードウェア支援DirectXレイトレーシング
 コンソールで初!とか書いてありますが、まあDirectXってつければ何でも初にはなると思う。

・次世代SSDでロード時間は一瞬、ファストトラベルすぐ出来る
・クイックレジューム機能により複数のゲームをサスペンド状態にし、進行状態を保存しておくことが可能に
・ダイナミックレイテンシインプットによりレイテンシを最適化し云々
・HDMIで低レイテンシモードの自動切り替えや可変リフレッシュレートに対応
・120fpsに対応

・4世代のゲーム互換性へのコミットメント
 …といってもXbox(初代)と360については自称“後方互換対応(Xb1向けに移植したもの)”でないと動かないようなのに、完全互換みたいに喧伝しているのはMSらしい話ですけど。
・Xb1周辺機器にも対応
 つまりここでは4世代の互換性はコミットメントしていない。
・スマートデリバリー: これにより、Xb1版を買っておけばXSX対応版が出た際に買い直す必要無しにそのバージョンが入手出来る云々
 縦マルチのクロスバイみたいなものみたいですけど、知っての通り後発で同じバージョンが出た場合日本では無料で入手することが出来ないかもしれませんね。
 その他、そうはいっても移植にお金がかかった場合、“Remastered”などとつけて別ソフト扱いにする場合はあるかもしれませんし。
 とりあえずMSのファーストタイトルは全て対応するよ、としか書いていないですし。
・Xbox Game Pass: 従来と変化無し。

 といった所で、新情報と言えるのはGPU演算性能の開示と複数タイトルのレジューム対応ぐらいでしょうか。

 スマートデリバリーも新しいと言えば新しいのですが、これ対応必須となったら国内だとむしろXSX対応ソフトが減る要素になりかねない物がありますね。
 認証費用や声優費だけが二重にかかる場合、MSJからしてソフトを出したがらない可能性もありそうですが。
 今でもMSのソフトすら碌にローカライズしていないぐらいですからね、MSJ。

The Last of Us Part II【早期購入特典】ゲーム内アイテム ・「装弾数増加」 ・「工作サバイバルガイド」(封入)
・PS4 5/29 The Last of Us Part II【早期購入特典】ゲーム内アイテム ・「装弾数増加」 ・「工作サバイバルガイド」(封入)
(Amazon)
 .