52903Bloodborne
 インタビュアーの趣味というかコロコロを読んでるおっさんむけなのでしょうか。
スポンサーリンク


[コロコロオンライン: コロコロオンライン超特集!! 山際眞晃プロデューサーに聞く 『Bloodborne(ブラッドボーン)』開発秘話!!]

 インタビュアーは元週間ファミ通副編集長などの大塚角満氏で、インタビューを受けているのはSIEジャパンスタジオの山際眞晃氏ですね。

――いきなり個人的なことになるのですが、人生で初めて、我を忘れるほどやり込んだゲームが『ブラッドボーン』でした。

だ、大丈夫ですか?

 個人的な趣味でインタビューしていた。

・企画はPS3後継機がPS4という名前になると決まっていない頃から
・PS4の性能や機能が完全には明かされていない頃だったが、その性能を活かした情報量が多い世界を作ることに
・クトゥルフについては宮崎Dが知っている事を前提に話を進めるので焦った
・ユーザーテストなどを通じて難易度は調整していたが、ガスコイン神父で心が折れたプレイヤーがかなりいたようなのは申し訳ない
・ヤーナムの影は難易度が高すぎて宮崎Dに話をして調整して貰った
・DLC開発決定は開発終盤辺りで
・ストーリーの全てを網羅する資料は存在せず、宮崎Dの頭の中にある
・フレーバーテキストは全て宮崎Dが書いている

 等と言った話が出ており、続編については

DLCも含め、出し惜しみなく詰め込んだものを作れたと思っていますが、ファンから続編を望む声が多いことは認識しています。もうすぐ発売から5年が経過しますが、本当にありがたいことですね。

 とコメント。
 Bloodborneの流れからすると、既に続編の制作に取りかかっていてもおかしくないかもしれませんね。
 隻狼の追加コンテンツがあるかどうかや、ELDEN RINGの制作状況にもよるのでしょうが。

Bloodborne オリジナルサウンドトラック
・Bloodborne オリジナルサウンドトラック
(Amazon)
 .