52821enza
 しかも一ヶ月ぐらい前の話だったという。
スポンサーリンク


[バンダイナムコHD: 株式会社BXD の株式取得による完全子会社化のお知らせ ~HTML5 に留まらないIP の盛り上げを当社と共に実現~](pdf)

 株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮河恭夫)は、株式会社ドリコ
ム(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:内藤裕紀、以下ドリコム社)との共同出資により設立した、株式会社BXD
(本社:東京都港区、代表取締役社長:手塚晃司、以下BXD 社)のドリコム社保有株式の全部を取得することを、本日
付けで決定いたしましたので、お知らせいたします。

 BXD 社はHTML5 を中核とする技術を活用したオンラインゲーム及び配信するプラットフォーム「enza」の開発・運営
等を行っており、タイトル毎にHTML5 ならではの様々なアプローチを行っております。
 当社並びにBXD は、これらをさらに推し進め、HTML5 に留まらず様々なプラットフォームやサービスをクロスさせ、
新しいIP の楽しみ方をファンの皆様へ提供することで、これまでのプラットフォームベースからIP ベースへと総合エン
ターテイメント構築をより加速させていきたいと考えております。

 このリリースが出たのが1/31だったのですが。

[enza | 人気作品の新作タイトルが遊べるゲームプラットフォーム]

 そのenzaで筆頭として挙がっている「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」、

[ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ タイトル紹介サイト]

2020/1/15 【重要】サービス終了のお知らせ

いつも「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」をご利用いただき誠にありがとうございます。

サービス開始以来、多くの皆様にご利用いただきました「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」ですが、誠に残念ながら2020年3月16日(月)をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。

本ゲームをご愛顧いただきました皆様には、厚く御礼申し上げます。
終了に関するスケジュールは、下記の通りとなります。

◆当ゲーム内での「かんたん決済」と「バナコイン」のご利用、および「バナコイン」のチャージ画面への遷移の終了
2020年2月14日(金)

※上記日時以降も、「enza」ホームページよりバナコインの購入が可能ですが、ゲーム内で使用いただくことができなくなりますのでご注意ください。
※「バナコイン」は上記日時より当ゲーム内で使用いただけなくなりますが、購入済みの「バナコイン」は、他サービスにてご利用いただけます。

◆サービス終了
2020年3月16日(月)12時(予定)

※サービス終了をもって、ゲームにログインできなくなります。
※上記サービス終了後も、そのままenzaをご利用いただけます。
※上記各日時は予告なく変更となる場合がございます。
※シリアルコードなどの特典はサービス終了後は受け取れなくなります。

終了まで短い期間ではございますが、今後とも、「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」をよろしくお願いいたします。

 サービス終了決定済みだった。
 しかもこれ公式Twitterでは一言も触れていないのだから始末が悪いですね、enza全体でもタイトル個別でも話が出ていないという。

 元々、“html5を使ったブラウザゲーならAppleやGoogleに所場代払わなくて良いんじゃね?”みたいな考え方から始めたのではないかと思われていたものでしたが、始まってみれば課金はバンナムらしいエグいものだと評判になるわでその勘ぐりを裏付ける事にもなりましたし。
 全く新しいプラットフォームとして確立する気は無さそうでしたね。

 せめて初めからスマアプリとしてもプレイ可能にしておいて、ブラゲ版で課金すれば課金アイテム2割引き(実際にはバンナムの取り分が1割分増える)とかやっておけば良かったのに…アッポー辺りは文句付けてきそうですけど、その場合はポイント付与とするとか…

仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)
・PS4 3/12 仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)
(Amazon)
 .