52800ActivisionBlizzard
 パケ版の売り上げ減で一瞬煽られていたCODMW(2019)ですが、デジタルシフトが急速に進んでいることの証左となったようですね。
スポンサーリンク


[Activision Blizzard: Activision Blizzard Announces Fourth-Quarter 2019 Financial Results / Q4 2019 Slide Presentation](pdf)

 第4四半期は当初予定より良かったよ~とかサブタイトルに書いてありますが、実際予想より良い結果に終わったようです。

 通期の売上高は前期比13.5%減の64.89億ドル、営業利益は19.2%減の16.07億ドル、純利益は19.7%減の15.03億ドル。

52800ActivisionBlizzard1
 セグメント別売上高と営業利益ではBlizzardの減収減益が目立つ結果となっています。
 Diabloスマとかで色々評判悪かったですしね…
 DiabloIIIだのOverwatchだのを任ッチに出した結果任天堂ゾーンに囚われてしまったのでしょうか。

52800ActivisionBlizzard2
 デジタル比率は76%。
 “その他”を除けば、つまりゲームの売上高のみで考えれば84%を超えますが、売上高のほぼ全てがデジタルとなるBlizzardと全部デジタルのKingがある割にはあまり増えていないような気もしますね。

52800ActivisionBlizzard3
 プラットフォーム別シェアはゲーム機とPCがそれぞれ低下していますが、これは先述のセグメント別売上でKingが微減程度の横這い、他が減収という結果になった為ですね。
 この他にActivisionからはCODモバイルの貢献もあるようです。
 …ゲーム機での減収が目立つ辺りからすると、Blizzardのゲーム機向けタイトル要するに大概Overwatchの減収が響いているのでしょうか。

52800ActivisionBlizzard4
 地域別では米大陸で半分を売っていることに変わりなし。

 Activisionは月間アクティブユーザーが1億2800万人と発表。
 「Call of Duty: Modern Warfare」は前作CODBO4に比べて二桁%の販売本数増加、ゲーム機向けとPC向けの何れも販売本数が増加し、販売本数に対するデジタル比率はゲーム機限定でも五割近くになっているそうです。
 またゲーム内コンテンツの売上もBO4に比べ二桁%増加しているとのこと。

 Blizzardは月間アクティブユーザー数が3200万人と発表。
 WoWのアクティブユーザー数が前半期時点に比べ倍以上に増えたと発表していますが…
 後「Overwatch」の任ッチ版は“発売致しました”レベルの記載に留まっていますね。

 2020年12月期の通期業績予想は今年度並みの売上高としているようです。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
・PS4 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
(Amazon)
 .