52785SpeedTsuNinDeNA
 任天堂に通じてしまったばっかりに。
スポンサーリンク


[株式会社ディー・エヌ・エー - IR・投資家情報]

[eir-parts: 2020年3月期第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結) / 減損損失等の計上のお知らせ / 決算説明会資料](pdf)

 売上高は前年同期比3.7%減の911.62億円、前年同期85.83億円だった営業利益は損失に転じて441.61億円の巨額損失に。
 四半期利益は△503.95億円という目も当てられない有り様に。

1. 減損損失等の内容
(1) 連結決算(IFRS)における影響
 当社は、当第3四半期連結累計期間において、ゲーム事業における直近の業績動向や事業環境等を踏まえ、保守的な前提のもと、国際会計基準(IFRS)に基づく減損テストを実施した結果、総額49,371百万円の減損損失をその他の費用に計上いたしました。主な内訳は、ゲーム事業に係るのれんの減損損失40,164百万円、ソフトウェアの減損損失8,135百万円であります。
 また、繰延税金資産の回収可能性につきましても慎重に検討した結果、繰延税金資産の一部を取り崩し、法人税等調整額7,639百万円(要約四半期連結損益計算書の表示上は「法人所得税費用」に含まれます)を計上しております。
 詳細につきましては、本日公表の「2020年3月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結)」もあわせてご参照ください。

(2) 個別決算(日本基準)における影響
 上述の要因による減損損失は当第3四半期累計期間の個別決算では計上しておりませんが、同要因により、同期間の個別決算において、繰延税金資産の一部を取り崩し、法人税等調整額7,639百万円を計上しております。

 のれん減損401.64億円ってどれだけ計上してたんだ。

①ゲーム事業
 ゲーム事業の売上収益は60,119百万円(前年同期比3.8%減)、セグメント利益は8,901百万円(同32.6%減)と
なりました。
 当第3四半期連結累計期間は、新たにリリースしたタイトルが貢献を始めたものの、既存タイトルを中心とした
事業運営となり、ユーザ消費額は前年同期比で減少し、前年同期比で減収減益となりました。

②スポーツ事業
 スポーツ事業の売上収益は18,849百万円(前年同期比19.4%増)、セグメント利益は3,708百万円(同22.6%増)
となりました。
 横浜スタジアムでは、増築・改修が進捗し、2019年シーズンよりその一部の稼働を開始し、横浜DeNAベイスター
ズは、主催試合の入場者数増加や、クライマックスシリーズへの進出により好調に推移しました。
 なお、前連結会計年度においては、バスケットボールチームの運営事業を、2018年7月1日に承継しておりま
す。

③オートモーティブ事業
 オートモーティブ事業の売上収益は915百万円(前年同期比820.2%増)、セグメント損失は5,265百万円(前年同
期は2,501百万円の損失)となりました。
 当第3四半期連結累計期間においては、引き続き次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の提供地域や利用の
拡大に向けた取り組みを中心に積極的に投資を行いました。

 ゲーム事業は一応未だに営業利益率一割以上を維持していますが、減収の勢いに固定費の削減が間に合わず大幅減益が続いています。
 大体、大赤字の原因になった減損の計上もゲーム事業に係わるものなのですから、とてもじゃないけど順調とはいえない状態ですね。

 スポーツ事業は横浜ベイスターズの運営は順調みたいですけどこのままいったらどうなる事やら?

 にしてもこの巨額の減損、「マリオカートTour」やら「ポケモンマスターズ」で濡れ手に粟って勢いで儲けられるとでも見込んでいたのでしょうかね。
 まさに捕らぬ狸の皮算用、任天堂なんぞに命運を託したのだから自業自得ではありますけど。

The Last of Us Part II【早期購入特典】ゲーム内アイテム ・「装弾数増加」 ・「工作サバイバルガイド」(封入)
・PS4 5/29 The Last of Us Part II【早期購入特典】ゲーム内アイテム ・「装弾数増加」 ・「工作サバイバルガイド」(封入)
(Amazon)
 .