52737NinDies
 さすが任Diesの施策を推し進める任天堂様ですね、一時は勢いがあったインディゲーム界隈が大分進退窮まった状況に追い込まれているようで感心致しました。
スポンサーリンク



 “PLAYISMパブリッシャー戦略2020”ではアクティブゲーミングメディアの水谷俊次氏に話を聞いているのですが、同社のインディゲームパブリッシャとしてのありように

 “個人的には「このままでいいのか」というためらいもある”

 とコメント、幅広いインディゲームデベロッパからたまたまいいタイトルが出てくるのを待つ状態になっていて、いいタイトルがあってもパブリッシャ間での奪い合いがある、日本のインディゲームデベロッパは層が薄い面もある等とコメント、海外の独立系デベロッパも国内でパブリッシングする方法は出てきている事から、インディーゲームのパブリッシャは曲がり角に来ているのではないかとコメント、それがタイトルの

 “プロデュースを含めた幅広い方向からタイトルを支えていかないと、2-3年後がしんどくなる”

 との話に繋がっています。

 PLAYISMについては2020年を飛躍の年にしたい、とのことですが…



Subnautica サブノーティカ【初回限定特典】初心者必携サバイバルガイド付
・PS4 2/20 Subnautica サブノーティカ【初回限定特典】初心者必携サバイバルガイド付
(Amazon)

週刊ファミ通 2020年2月13日号
・週刊ファミ通 2020年2月13日号
(Amazon)
 .