52730Jyuusou
 P5Rの例もありましたし、発売からさほど間がないPSタイトルでも実売本数の半分程度はDL版が売れていると考えて良さそうですね。
スポンサーリンク


[アトラス - News: PS4『十三機兵防衛圏』 10万本セールス達成!]

2019年11月28日(木)発売のPS4用ゲームソフト『十三機兵防衛圏』は、多くのお客様からご愛顧をいただき、発売から2か月となる本日2020年1月28日(火)現在、10万本セールス(※)を達成いたしました。心より御礼申し上げます。
※パッケージ通常版・パッケージ限定版の出荷数/ダウンロード通常版・ダウンロード豪華版の販売数の合計

今後とも『十三機兵防衛圏』ならびにアトラス×ヴァニラウェア作品をお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

 との発表と共に、ヴァニラウェアで同作のキャラクターデザインなどを手がけた平井有紀子氏のイラストが掲載されています。
52730Jyuusou1

 また、先着購入特典については“パッケージ版においてはシールが貼られた物に付属している”との文言になっている為、現在は先着購入特典が封入されていないパッケージ版も出荷されているのでしょうね。

 タイトルに書いたデジタル比率については、「十三機兵防衛圏」の先週発表時点(1/19まで)における累計販売本数は57681本(角川GL集計)、先週も同等の規模で売れたとして6.2万本、で週明けの出荷を考えると6.5万本程度が全体の出荷本数となりそうですし、デジタル比率は35%程度、実売本数に対する比率としては半分を超えるぐらいではないかと推定した物です。

 本数ベースのデジタル比率が三割程度というNintendo Switchに比べ大きな差が無いように見えるという方もいるかもしれませんが、あちらはDL販売ランキングを見れば分かる通り任天堂ソフト以外は低価格の任Diesばっかり上位に入ってますからね。
 1万円近い価格のソフトであり、かつDL版が値引きもなしに売られていて、その構成比が35%程度もあるというのはかなりのデジタル比率であると言えるのではないでしょうか。

 何にせよ面白いゲームが順調に売上を伸ばすのは市場が健全な証拠でもありますし喜ばしいですね、発売前から応援していた…というと手柄アピールみたいであれですが、売れ行きには殆ど関係していないにしても嬉しく思います。
 まだまだ伸びると思いますが、まずは10万本達成おめでとうございます。

十三機兵防衛圏
・PS4 十三機兵防衛圏
(Amazon)
 .