52646FTU
 なお唯一の新作だったスパロボX任ッチ版は初週…
スポンサーリンク


[ファミ通 - ゲーム販売本数ランキング]

 Nintendo Switch版「スーパーロボット大戦X」は唯一の初登場タイトルですが、何と初週販売本数は3439本の15位、消化率も抹茶(20-40%)という悲壮感の漂う出足となっています。
 そもそも、昨日取り上げたファミ通今週号掲載の2019年ソフト販売本数Top100でも取り上げた通り、任ハード向けロボゲー全然売れてないんですけどね。
 これの国内版が何故か韓国語や中国語に対応してるんだから任天堂はある意味凄い。

 さて、新作はこれだけといいましたが任ソフトの販売本数も急減速。
 ポケモンソールドやMinecraft任ッチ版、スマブラSPは前週の1/3程度にまで減速していますし、その他の旧作群は軒並み7-8割程度の減少となっています。
 ゼルダBotWは半分弱程度に減ったぐらいで済んでいますが、これは元々販売本数が少ない分、海外需要の底を打った為に見かけの減少が少ないというのがあるんでしょうね、何しろ今更ゼルダBotW買おうという人が国内に大勢いるわけもありませんし。

 一方PS4タイトルはというと、ジワ売れによる品薄が伝わる「十三機兵防衛圏」は年末年始週に比べ微減程度で踏みとどまる健闘ぶり。
 その他のタイトルは半分弱まで減っているタイトルが多いですが、任ハードに比べると販売本数の減少割合は少なめか。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 【先着購入特典】DLC「ペルソナシリーズバトルBGMセット」 同梱
・PS4 2/20 ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 【先着購入特典】DLC「ペルソナシリーズバトルBGMセット」 同梱
(Amazon)
 .