52638NHNS
 Top10を任ッチタイトルが、というか任天堂ソフトが埋め尽くしていますね。
スポンサーリンク


[ファミ通: 【ソフト&ハード週間販売数】『ポケモン ソード・シールド』8週連続1位&累計300万本突破! 年末年始商戦で『マリカー8 DX』が急上昇【2019/12/30~2020/1/12】]

 今週はファミ通側のタイトルにもある通り2週分まとめた物ですが、

●ソフト

1 .Switch : ポケットモンスター ソード・シールド                / 268620本(累計 3256754本)
2 .Switch : マリオカート8 デラックス                           /  66295本(累計 2725304本)
3 .Switch : ルイージマンション3                                /  64073本(累計  570071本)
4 .Switch : Minecraft                                          /  62808本(累計 1208747本)
5 .Switch : 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL                 /  57403本(累計 3510455本)
6 .Switch : (略) 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング /  57212本(累計   91908本)
7 .Switch : マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックTM         /  53379本(累計  248507本)
8 .Switch : リングフィット アドベンチャー                      /  51930本(累計  547569本)
9 .Switch : スーパー マリオパーティ                            /  47463本(累計 1311173本)
10.Switch : 釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン           /  35938本(累計  372933本)

 見ての通りの任ソフトですが、任ハードで出たバンナムのスパロボはTop10にもランクイン出来ない為体。

 ちなみに1週目のソフト売上は既に公開されているので差し引きすると2週目、1/6-12の売上も導き出せますが、ポケモンソールドは19.7万本→7.2万本、MK8DXは5.2万本→1.4万本などと…ここから年度末までは任天堂らしい減速ぶりが見られるのか、或いは中国の春節(旧正月)需要が底を支えるのかが注目される所ですね。

 ちなみに昨年1-2週合算ではスマブラSPが34万本、MK8DXが8.4万本等と売れていたのに加えてNewマリUDXも発売されていたので、全体的にはピークアウト感も出ていますね。


●ハード

    Switch/25万2776台(累計 1059万824台)
    Switch Lite/14万8352台(累計 119万3735台)
    PS4 Pro/33771台(累計 142万8741台)
    PS4/31832台(累計 738万5105台)
    New 2DS LL/4791台(累計 169万4913台)
    New 3DS LL/182台(累計 588万6097台)
    Xbox One X/160台(累計 18802台)
    Xbox One S/85台(累計 92689台)

 ハードではNintendo Switchシリーズが引き続き首位、合算40.1万台とここでは前年同時期の30.9万台を大きく上回っているのですが…

 PS4シリーズは前年同時期に比べると大きく台数を減らしています。
 値引きキャンペーンの本体が早々に在庫切れした影響もあるのかもしれませんが。

 3DSシリーズは前年同時期比だと見る影もない有り様ですね。
 何しろファミ通の2019年Top100にもポケモンウルトラSMととだぶつの森の2本しかランクインしないような有り様でしたし。
 後継機が登場した任ハードにしてはよく持った方とも言えるのですが。

 Xb1シリーズはこれ前年同時期から半分ぐらいまで減ってるんですかね、まあ誤差レベルではあります。

 そして年が変わってPSVitaが集計外に。
 ちなみにファミ通の2019年Top100ではプロスピ2019のPSVita版が7万本でランクインしているという。

サイバーパンク2077
・PS4 4/16 サイバーパンク2077
(Amazon)
 .